2022年9月23日95,759 ビュー View

「このオヤツは別にいらないのでお手はしたくないです。」柴犬の言い分に筋が通り過ぎてて笑う【動画】

お手とはオーナーさんの手に自分の前足を乗せる行為だと、柴犬たちもわかっています。ただなんらかの理由でやる気が起きないのです。でも律儀なので一応やるフリくらいはしますよ。気乗りしていないことはバレバレですけれど…。

このお手には理由があるらしい

柴犬のらんまるは、お手ができないわけではありません。パピーの頃のらんまるを見てみると、オーナーさんの手に前足を上手に乗せています。

 

ところが大人になったらんまるは…。

 

(スッ…)

 

あ、あれ? ヒョイっと前足を上げるも、オーナーさんの手の上には乗せません。

 

まるで照れくさくてきちんと手を重ねられない、中学生のフォークダンスのよう。

 

でもらんまるは照れくさいわけでも、ましてやオーナーさんと触れ合いたくないわけでもないのです。実はこの不思議なお手の理由は、ご褒美。

 

ご褒美のオヤツに不満がある場合、こんなふうに形だけのお手をするのだとか。その証拠にオヤツを差し出されても「別に…」な反応。

 

なんてわかりやすい子なの!




 

そんなに触りたくない?

お次は、柴犬のドミノ。「とにかく人の手に触りたくなさそう」とのことですが、そんな悲しいことがありますかね。

 

でも実際にドミノのお手を見てみると…。

 

(ちょん…)

 

オーナーさんの指の先端に軽く触れるだけ。潔癖症なの?

 

試しにもう一度やってみても結果は同じ。これにはオーナーさんも笑ってしまいました。

 

これだけ見ると嫌そうにやっている印象ですけれど、もしかしたらお手はこういうものだと思い込んでいるのかも。

 

うんうん、きっとそうだ!

 

ところがオーナーさんによると、ドミノの好物の卵があるときは高速でお手をするのだとか。

 

つまりこの動画の時は本当にやる気がなかったのね…。

 

でも相手は気分屋の柴犬。まずはお手をしてくれているだけでも良しとしますか!




 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【凹むほど頭を垂れる柴犬かな】病院帰りの落ち込みが激しすぎてむしろオヤツ欲しさの演技疑惑【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ