2022年12月24日8,412 ビュー View

【優しい世界】自作物語を紙芝居風に聞かせてくれる女の子にうっかり寝かしつけられた柴犬【動画】

今回の主役は、4歳の女の子と柴犬。年齢的には柴犬の方がちょっと年上。でもだんだんと成長してきた女の子は、まるで自分がお姉ちゃんかのように柴犬に優しく接してくれるのです。あまりにも尊い光景にハートはもうぬっくぬく!

紙芝居のはじまりはじまり

柴犬の花子の前で、女の子がなにかおしゃべりをしています。お顔を隠してどうしたのかと思いきや、実はこれ紙芝居のつもり。

 

話しているのは、この子が自分で作った物語。大好きな花子に聞かせようと思っている時点で、可愛らしいですよね!

 

一方の花子は「なにか始まったな」と女の子を見守っています。ところがもう眠くてウトウト…。

 

まるでママやパパに絵本の読み聞かせをしてもらっている赤ちゃんのよう。なんて微笑ましい光景なのでしょう!

 

女の子はお話を終えると、満足そうにニッコリ。そしてその頃すでに花子は眠りの世界に…。

 

優しい声を聞いて安心したのかな。すっかり寝かしつけられてしまった花子でした!




 

大好物をおすそ分け

この日は、おうちピクニックを楽しんでいる花子たち。同じテーブルで花子はオーナーさんの手作りごはん、女の子は大好物のはんぺんを食べています。

 

早々に食べ終わってしまった花子は、ちょっと物足りなさそう。すると優しい女の子が自分のはんぺんを分けてくれたのです。

 

花子はすぐにペロリ。それでもまだ食べ足りないようで、女の子をジッ。「花子にはもうあげないよ」と言いつつも、やっぱり1つくれました。

 

そしてひと言「花子ゆっくり」と、声をかけるのです。

 

花子があまりにもすぐに飲み込んでしまうので、ちょっと心配になってしまったのかも。

 

それにしてもとても幼い子の行動とは思えないほど、大人びていますね。きっと日頃からオーナーさんの花子への声かけを見ているのでしょう。

 

わけっこして食べた大好物はいつも以上に美味しかったかな?

 

ちなみに犬ははんぺんを食べても問題ありませんが、やはり食べ過ぎは禁物。

 

このくらいにしておこうね、花子!




 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

おててをパタパタしたりピーンとしたり。柴犬パピーの仕草がいちいち可愛くて泣きそう【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ