2023年4月11日11,841 ビュー View

【水濡れ厳禁】ウッドデッキの濡れてない部分だけを踏みたい柴犬が必死すぎる【動画】

意外にも苦手なものが多い柴犬たち。たとえば体が濡れることだったり、病院だったり…。どんなに慣れさせようとしてもダメなものはダメ。でも大丈夫。そんな彼らにもきちんと「避難場所」があるようですよ!

絶対に足を濡らしたくない

ウッドデッキに出てみた、柴犬のライくん。雨が上がったばかりのようで、ウッドデッキのほとんどの部分が濡れています。

 

他の柴犬たちと同様、ライくんも足が濡れるのは大嫌い。わずかに残る濡れていない場所が、ライくんにとっては避難場所なのです。

 

そこだけを踏むように慎重に歩いています。

 

「おっとっと…危ない危ない」。

 

上手に進んでいたライくんでしたが、もうこれ以上は無理そう。方向転換をして反対側に進むことにしたようですが、ここで問題が。

 

この狭さではUターンができません! あきらめて足を濡らしてしまうのか!?

 

するとライくんは体を小さく丸めて、なんとかUターンに成功。もう必死です。

 

ところがせっかく反対側にきたというのにやっぱりこちらもビショビショ。本当は奥の方に行きたかったようですが断念するしかありません。

 

しかもそうこうしているうちに、足が濡れてしまったのです…! 切ないお顔で足を気にするライくん。

 

室内に戻ろうかとも思ったようですが、結局最初にいたあたりに座ることにしたみたい。ウッドデッキが早く乾くように、我々も祈っておくよ!

 

パパさんの胸にお顔をポスッ

病院が得意な柴犬はなかなかいません。柴犬パピーのノンくんも、初めて診察を受けて大変なショックを受けたようです。

 

パパさんに抱っこをされて放心状態。さらにパパさんの胸にお顔を埋めてしまいました。

 

もしかして疲れて寝てしまったのでしょうか。でもどうやらそうではないみたい。

 

「パパしゃん…怖かった…」。

 

そう、ノンくんはお顔を隠していたのです。信頼しているパパさんの腕の中が一番安全だと思っているのでしょうね。

 

こんなふうに甘えられたら、パパさんもキュンが止まりませんよね。見ているだけでも胸が高まってくるのですから。

 

初めての診察後にとっても可愛い反応を見せてくれた、ノンくんでした!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「これで…どうだーっ!」やればいいんでしょ感しかない柴犬パピーのお手が可愛い【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ