2023年8月2日15,224 ビュー View

「よ、よし行くぞ!」数ミリの段差を越えるのに相当な勇気がいる柴犬【動画】

柴犬たちはどうしても入りたいようです。ある子はお部屋の中に、またある子はあきらかに小さいハウスに。本犬たちはとっても本気なだけに、可愛くてつい笑ってしまう!

段差を越えるのに勇気が必要

お部屋の前で立ち尽くしている、黒柴のさだはる。完全に腰が引けているようですが、どうしたのかな?

 

さだはるを悩ませているのはドアの下の段差。「え、段差なんてないでしょ?」と思うかもしれませんが、それも当然のこと。

 

段差と言ってもわずか数ミリ。ほとんどないと言ってもおかしくないのですが、さだはるがこれを越えるのには相当な勇気がいるようです。

 

「ど…どうしよう」。

 

いつまでもお部屋に入れずに、困っているさだはる。危険なことなどないのに…。

 

するとそんなさだはるの目の前をパパさんが通り過ぎていきました。なんとかしてパパさんのそばに行くべく、覚悟を決めたさだはる。

 

「よ、よし行くぞ!」と一気に段差を越えていきました! パパさんへの愛情が恐怖に勝ったようですね。

 

でも一体なにがそんなに怖かったの?




 

小さなクレートに入りたい

柴犬のてんてんは一緒に暮らすフェレットと仲良し。ふたりそろって同じクレートに入り、可愛らしくこちらを見上げています。

 

ところがよく見てみると…あれ? てんてんは頭を突っ込んでいるだけ?

 

それもそのはず、ただでさえ小さめのクレートにすでにフェレットが入っているので、てんてんまで入る余裕はないのです。

 

それでもフェレットと一緒にいたいのでしょうね。健気な姿にキュンときてしまいます。

 

ペロペロとフェレットの体をなめてあげるてんてん。てんてんはフェレットのママかお姉ちゃんのつもりなのかも。

 

まだまだここにいるつもりのてんてん。もしかしてここで寝るの? さすがにそれは難しそうですが、その気持ちが微笑ましいですね。

 

大好きなフェレットのいるクレートにどうしても入りたい、てんてんでした!




 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【ドキドキ】初めてのパピークラスでほとんどの時間を飼い主のヒザの上かイスの下で過ごす柴犬【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ