2023年8月8日59,934 ビュー View

飼い主の手が伸びてきて「危ない」「罠かもしれない」と警戒するの最高に柴犬【動画】

今回ご覧いただくのは、お手本のような「柴距離」をとる柴犬たち。ある子たちはドッグランで柴距離をとり、またある子は家庭内で柴距離をとり…。その微妙な緊張感がクセになるのですよね!

ドッグランで3すくみ

ドッグランにやってきた、柴犬のケケ。他にも柴犬さんがいたようで、とっても楽しそうにはしゃいでいます。

 

でもそこはお互いに柴犬同士。触れ合うわけではなく、微妙に距離を保ったまま遊んでいるのです。

 

そこに新たな柴犬が登場し、まさかの3柴に! 当然ながらこちらはこちらで距離を保たなくてはならないため…。

 

(じりじり…)

 

それぞれが距離をとりあい、立ち尽くすことに。まるで三すくみ状態!

 

このうちの誰かが歩み寄ってくれたら状況は変わったのでしょうけれど、あろうことか手前の柴犬さんはサッといなくなってしまいました。

 

残されたふたりの間に流れる気まずい空気。このなんとも言えない感じが、見ていて面白すぎますよね。

 

なかなか距離を縮められないところがとっても柴犬らしい子たちでした!

 

オーナーさんにも警戒?

オーナーさんがコーギーのハルをなでています。なでなでされたハルは「愛されてる!」ととっても幸せそう。

 

その様子を近くで見ていたのは柴犬のスティーブ。もしかして自分もなでてほしいのかな?

 

そこでオーナーさんが手を伸ばすと…。

 

「え…なにこれ…」。

 

スティーブは警戒心マックス。そして「危ない! 罠かもしれない!」とオーナーさんの手を避けるのです。

 

いやいや、そんなことある!?

 

でもこれが柴距離というものなのですよね。たとえ相手がオーナーさんでも触れるところにはなかなかきてくれないという…。

 

でもそのツンな感じがたまらない、スティーブでした!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「不審者がきたぞ!」単身赴任中のパパと初対面した柴犬、きっちり番犬の務めを果たした模様【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ