2023年11月19日12,430 ビュー View

「注射だって!?」世にも恐ろしい単語が耳に入り震え出す柴犬が可哀想で可愛すぎる【動画】

賢い柴犬のことですから、少しでも恐い思いをした場所は絶対に忘れません。そう、たとえば病院とか…。ブルブルと恐怖に打ち震える彼らはとっても可哀想で、そしてとっても可愛いのです!

「注射」と聞いた途端… 

病院にやって来たこちらの柴犬さん。きちんとお座りをして診察の順番がくるのを待っています。

 

不安そうなお顔をしていますが、おとなしく待っていてえらいですね。

 

ところがオーナーさんが「お注射だって」と声をかけると、体がビクッ。そして数秒後には…。

 

(ブブブブブ…)

 

まるでマナーモードのスマホのように震え出したのです!

 

「お注射」という単語が耳に入り、しばし考えた後「あのチックンするやつか!」と理解してしまったみたい。

 

賢すぎるのもこういう時には困ってしまいますね。

 

あまりのブルブル具合に気の毒になりますが、でもそれ以上に愛おしくてたまりません!

 

きっと終わったらたくさんほめてもらえるだろうから、頑張ってね!

 

どこもかしこもブルブル

こちらは黒柴のあん。オーナーさんに抱っこをされて待合室にいます。

 

どうやら病院は苦手なようですね。体全体を使ってブルブルと震えるので、お耳もおてても…。

 

(ブルブルブルブル…)

 

どこもかしこも振動が止まりません! ああ、なんて可哀想なの!

 

思わず心配になってしまうほどの震えようですよね。

 

でもこの日は特に怖いことはなかったようで…。体重測定と診察だけをしたら、病院の先生にオヤツをもらってご機嫌で帰宅した模様。

 

「恐くなかった! オヤツもらった!」という記憶がどうか次の病院の日まで残りますように!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

診察台になかなか乗れない理由が思ってたのと違った。この柴犬、病院でデレすぎ!【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ