2018年8月9日3,153 ビュー View

【実験動画】柴犬はヘリウムガスを吸ったオーナーの声に反応するか?

「ごはんを前に犬に『待て』を命じたら、どのくらい我慢していられるのか」を試す企画は、TV番組やインターネットの動画などでしばしば見られます。犬の性格や種類によってリアクションは変わりますが、特に家族に忠実と言われる柴犬が食欲と使命感の間で葛藤するさまは非常にいじらしく、愛らしいものです。

今回は、そうした「待て」企画の中から「オーナーがヘリウムガスで声を変える」という変わり種の動画をご紹介しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピー

柴犬実験

MitchyPQ/shutterstock

柴犬はいつもと違うオーナーの声にどう反応する?

朝食を待つ柴犬の小春ちゃん。早くもごはんが待ちきれないのか、おもちゃに元気良く噛みついています。ところがこのオーナー、「ヘリウムガスを吸った声で『食べてよし』の合図を出す」といういたずらの準備中でした。

 

そうとは知らない小春ちゃんは、オーナーが手に持ったヘリウムガスのボンベにも興味津々の様子です。

ちなみに、オーナーにとってもヘリウムガスで声を変えるのは初体験とのこと。当然、小春ちゃんもヘリウムガスを吸った人の声など聞いたことはありません。

 

仕掛ける側も仕掛けられる側も初体験となるこのいたずら、一体どんな結末を迎えるのでしょうか?

 

最初は失敗かと思われたが…

オーナーが勢いよくガスを吸い込み、いよいよいたずらのスタートです。

ところが、変わった声で「よし」と命じると小春ちゃんは躊躇なくごはんを食べ始めてしまいました。

 

ここでたまらず、オーナーが「食べんのかい!」とツッコミ。すると異変に気づいたのか、小春ちゃんの動きが止まります。その後、オーナーは何度か変わった声で「よし」と合図しますが、声が元に戻るまで小春ちゃんがごはんを食べ始めることはありませんでした。

 

心を許した家族に従順な柴犬らしいリアクションだと言えますね。

 

食べている最中に変わった声で話しかけたらどうなる?

企画本編はここで終了ですが、動画にはまだ続きがあります。用意したヘリウムガスボンベは5回ほど使用できるので、ごはんを食べ続ける小春ちゃんがどんな反応を見せるのか、再び声を変えて試し続けているのです。

 

その後のリアクションについては、ぜひ動画の続きでお楽しみください。

 

今回ご紹介した動画のポイントは、オーナーと柴犬のどちらにとっても初体験のヘリウムガスだったという点でしょう。小春ちゃん自身はもちろん、小春ちゃんのリアクションに反応するオーナーのリアクションも見どころです。動画の後半では、ヘリウムガスに慣れてきた小春ちゃんの反応が徐々に変化していく過程にも注目してみてください。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね!

全力阻止!掃除を邪魔する柴犬たち

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事