2019年1月7日7,833 ビュー View

警戒モード完全オフ!「特等席」でおネムになった柴犬たち

オーナーに抱っこされる柴犬たち。笑顔だったり、眠くなってうとうとしていたりと色々な表情を見せますが、とにかくみんなが「安心した顔」になっているのが特徴です。元々は警戒心が強く、適度に人と距離を置くのが柴犬の特徴ですが、オーナーに甘えて抱かれているときだけは別。破壊力抜群な「癒しの抱っこ写真」をご紹介します!

この記事のタイトルとURLをコピー

安心してウトウト…おネムな柴犬が可愛すぎ♡

抱っこされてウトウト…

抱っこされたまま眠りに落ちてしまったこちらの柴犬。この姿勢でも眠れるなんて、よっぽど安心してのことでしょうね。これこそまさにお母さんに抱かれて眠る人間の赤ちゃんみたい。オーナーは、愛柴を起こしてしまわないように、ギュッとしたい気持ちを抑えていたようですが、その気持ちとってもよくわかる…。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shiba Inu そら solaさん(@blue_sky_lunch)がシェアした投稿 -

 

腕の中でスヤスヤ…

こちらは、オーナーの腕の中でスヤスヤと至福の表情で眠る柴犬。ちょっとだけ顎をあげて眠っているこの体勢は、きっと眠る直前までオーナーの顔を見ていたのでしょうね。そのまま眠りについたのならば、きっと安心して眠ることができたでしょう。抱っこしているから、ゆっくりとおやすみね、と声をかけたくなりますね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬えびちゃんさん(@ebi_chan_k)がシェアした投稿 -

 

抱っこは苦手、は本当?

こちらの柴犬は、本当は抱っこが苦手…ということですが、果たしてそうでしょうか?なんだかんだ癒しの表情を浮かべているような気がしますよね。でも、もし本当に苦手なのだとしたら、それでもこうやって抱っこさせてくれているなんて、なんとも優しい柴犬ですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ちゃいさん(@shibainu_chai_5.5)がシェアした投稿 -

 

脱力モード…

もはや、リラックスを超えてだらけてしまった様子の柴犬。これぞ、警戒モード完全オフ。こうなったらもう仕方がない、とことんゆっくり眠ってちょうだい!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shiba Inu そら solaさん(@blue_sky_lunch)がシェアした投稿 -

 

甘えん坊な柴犬

毎晩、寝るときはこうしてベッドに運んでもらっているという柴犬。これはもう、「信頼」を超えてたんなる「甘えん坊」でしょうね。(笑)

スワイプすると、運ばれてお布団をかけてもらうまでの様子が見られますよ。なんとも大きな赤ちゃんだこと!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シュウクリームさん(@earishuu23327)がシェアした投稿 -

 

いくつになってもここが特等席!

こちらは16歳のシニア柴犬。腕の中で、とっても眠そうな表情を浮かべていますね。いくつになっても、オーナーはオーナー、愛柴は愛柴。その関係に変化はなく、カワイイ「我が子」であることには変わりません。まるで子供に返るように歳を重ねる「我が子」をいつまでも腕に抱き、寝かしつけてあげたいものですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬モモさん(@shibako.momo)がシェアした投稿 -

 

ウトウト…「やっぱり遊んで!」

最後は、特等席に抱かれた「パピー」のご紹介。寝かしつけていても、やっぱり遊びたい!という気持ちが勝って、お目々ランランなこの様子。遊びたいのは元気な証拠!いつだってパピーはやんちゃ者なのです。どうぞ、その様子をスワイプでご覧ください!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

tamaharu-harurunさん(@runrun.sisters)がシェアした投稿 -

 

 

大好きなオーナーに抱っこされている柴犬たちの様子はどの子もとっても可愛らしかったですね。抱えている間に寝てしまっていたり、寝る時はベッドまで運んでもらったりと、みんなかなりの甘えん坊モードでした。きっと、そんな時間は柴犬だけではなくお互いにとって「至福の時間」なことに間違いありませんね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

わざと!?柴犬たちの“ぐぅカワすぎ”な仕草

 

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事