2018年11月10日3,400 ビュー View

すべてが愛おしい〜シニア柴犬との暮らし〜

コロンコロンな子犬はもちろん可愛らしいけれど、シニア期に入ってからの穏やかな暮らしは、その頃には味わえない格別な愛おしさにあふれています。人間より成長の早い犬たち。2歳をすぎる頃より、1年で4歳ずつ歳を取るため、柴犬の10歳だとだいたい人間の56歳にもなります。その頃の年齢になると、病と闘っている子、介護が必要な子など、生活に変化が出ていることも多いですが、オーナーによる愛情豊かなケアのおかげで、犬たちもハンデを乗り越え、毎日がとってもイキイキしているのです。今回はそんな姿をご紹介します。

この記事のタイトルとURLをコピー

mannpuku/shutterstock

元保護犬のエンくん

フォロワーさんから“エン兄”や“おやびん”と呼ばれて親しまれているこちらの赤柴エンくん。交通事故に会い瀕死の状態だったところをオーナーと出会い、保護犬からうちの子になりました。あれから8年…年齢は10歳?11歳?…そんなの関係ないね。君が存在しているそのことが、幸せの証だからね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

esprit-de-langeさん(@esprit_de_lange)がシェアした投稿 -

 

朝、エンくんを起こしに行くのは一緒に暮らす茶トラ猫ちまきちゃんの役目。なんとも愛情の溢れた起こし方ですね。

「兄ちゃん、朝寝坊だよ!早く起きて!」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

esprit-de-langeさん(@esprit_de_lange)がシェアした投稿 -

 

昨年、大好きなお姉ちゃんの成人式では紋付袴をビシッと着こなし一緒に記念写真を撮ってもらったエンくん。家族と一緒にお姉ちゃんの成長を見てきたもんね。一緒にお祝いできて嬉しいね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

esprit-de-langeさん(@esprit_de_lange)がシェアした投稿 -

 

消防団犬として活動しているココちゃん

なんとも勇ましいお仕事をしているのは、赤柴のココちゃん。年齢は15歳です。写真は今年の仕事始めのワンシーン。制帽姿がキマっていてカッコいいね!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

村田ココ&ルナさん(@murata_coco)がシェアした投稿 -

 

この日は、一緒に暮らすシェルティのルナちゃんとお散歩中。でもなぜかルナちゃんがイヤイヤさんに。実はこれ、ココちゃんを思っての行動だったみたい。休憩しながら、ゆっくりと歩けるようにしてくれているんだね。心優しいルナちゃんです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

村田ココ&ルナさん(@murata_coco)がシェアした投稿 -

 

いくつになっても苦手なのは病院の待合室。診察を待っている間、終始ブルブルしていたココちゃん。頑張って偉いね。みんな応援しているよ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

村田ココ&ルナさん(@murata_coco)がシェアした投稿 -

 

いくつになっても、ご飯が大好き!

手作りが嬉しいね!ご飯大好きこむぎちゃん

年齢に伴い、最も気を付けてあげたいのが食事です。筆者も腎臓疾患と闘っていた愛犬のためにカリカリから手作りご飯に切り替えた時期がありました。

11歳の豆柴こむぎちゃんは、オーナーの手作りご飯が大好き。ペット食育士のオーナーが作るご飯は、栄養はもちろん見た目も食欲をそそりますね。レシピも公開されているので、手作りご飯を考えている方はチェックしてみてくださいね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

きよさん(@mameshiba_komugi)がシェアした投稿 -

 

クリクリお目々でキューキューとご飯をせがむこむぎちゃん。

美味しいご飯だもん、待ちきれないよね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

きよさん(@mameshiba_komugi)がシェアした投稿 -

 

お誕生日は特別!13歳のきょーたろーくん

13歳になったばかりのきょーたろーくんは、いつもは療法食。だけど、やっぱりお誕生日は特別です!手作りケーキでお祝いしてもらいました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

natsu ( いぬ専用 🐶 )さん(@__kyoutaro)がシェアした投稿 -

 

えこちゃんママは15歳のお誕生日!

柴犬の母娘との日常を投稿しているこちらのオーナー。お誕生日には、毎年手作りディナーとケーキを欠かしません。えこちゃんママは15歳のお祝いです。みんな一緒がうれしいね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Saoriさん(@saoeko)がシェアした投稿 -

 

まだまだ若い子には負けないよ!

大好物には目がないし、お出かけだってガンガン行くよ。そんなことを言っていそうな赤柴のゆうたろうくん13歳。食いしん坊で、大好物はまぐろジャーキー。オーナーは、このガツガツ食らいつくお顔が「たまらん!」ポイントとのこと。これからもそのたまらん!な表情を見せて欲しいですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kikuさん(@kiku_yuta)がシェアした投稿 -

 

こちらは、わんこ同伴可能な水族館にて。

お互いやさしいお顔で「こんにちは〜」のご挨拶中。このように、最近はわんこOKの水族館や遊園地も増えてきたので、よりお出かけが楽しくなりますね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kikuさん(@kiku_yuta)がシェアした投稿 -

 

16歳になったばかりのひかりちゃんと、14歳のいちごちゃん。夕陽を浴びて海辺のお散歩。今年も馴染みの場所で一緒にお散歩できたことに対し、オーナーは「神様に感謝」と綴っています。言葉が胸に沁みますね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬ひかりといちごと猫ミルキーさん(@hikaitimilky)がシェアした投稿 -

 

赤柴チャッピーちゃん16歳、白柴サリーちゃん17歳。ふたりはいつも一緒。お目々が見えないサリーちゃんをサポートするように、お散歩でもやさしく寄り添います。この笑顔、たまりませんよね。いつまでも一緒にお散歩を楽しんで欲しいです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サリチャヒママさん(@sallychappy37)がシェアした投稿 -

 

若い頃のように走り回れなくたって、のんびりトコトコでいいじゃない。心配事が尽きなくても、笑顔があれば、それだけで幸せ。一日一日ゆっくり行こうね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬親子の強い絆に心温まる。

 

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事