2019年8月27日5,764 ビュー View

【動画】小次郎「キュンキュン!!」武蔵「無。」←同じ柴犬でもそれぞれのバスタイムに性格がくっきり!

同居柴コンビである黒柴武蔵と赤柴小次郎。それぞれに特徴があり、オーナーさんも彼らとの生活がとっても楽しそうなのですが、ひとつだけ困っていることがあります。それは、小次郎がお風呂嫌いなこと。大暴れしたりはしないのですが、どうしても逃げ出したくなってしまうよう。加えて、もはや「絶望」とも取れるような大声の悲鳴…。見ているとなんだか可哀想ですが、しょうがないのです、お風呂は必要なものだから…。

と言うことで、彼らの大きな「差」を比べつつその様子をご覧ください!

「きゃ~、やだ~!」小次郎、心の叫び…

それではご紹介してまいります。まずは小次郎のお風呂から。

 

最初はまず、被毛をお湯で濡らすことから始めます。その時は、まあまあ静かに過ごしているようで…まだこの状況をうまく飲み込めていないのかもしれませんね。

しかしこの表情を見るとやはり”乗り気”とは少し違う感じはしますが、それでも静かに過ごしています。

 

そして泡がついても……これもなんとかクリア。だけどその泡を流すときになると「キューーーン!」と切ない声が…。

そうなんです、小次郎はたくさんのお湯をジャバ〜っと流されることが苦手なようで、流される時に悲鳴をあげるのでした。

だけど、綺麗なお湯でしっかり流さなけれ皮膚によくないし、じゃあもうここでやめようというわけにはいきません。パパが必死で「怖くないよ」と声をかけてくれるのですが、叫び声のような鳴き声だけは止められない! と言うことで、このように「心ここに在らず」という表情に…。

 

「もう我慢ならん!」と思ったのか、キュンキュン鳴き続けたのちになんとバスタブから脱走した小次郎。そこまでしてしまうほどに、本当にお風呂が苦手なのですね。

パパと一緒にママも慰めてはくれるけど、やっぱり怖いものは怖いのでした。

 

と言うことで、ちょっぴり可哀想にもなってきてしまうような小次郎のキュンキュンが止まないお風呂シーンをご覧ください。

 

「なにが怖かったのかなあ…?」武蔵のつぶやき。

小次郎のお風呂が終わったら、次は武蔵の番です。

そんな武蔵は打って変わって余裕の表情。ジタバタすることもなく、カメラを見る余裕まであるようですよ。

 

ここで、動画を見ている方は「あれ、武蔵も鳴いているけど?」と思うかもしれませんが、この鳴き声は先ほどご紹介した動画の鳴き声の主…つまり、横で見守っている小次郎の鳴き声なのでした。ちょっと…まだ心の状況が復活できないようで…。

 

そんな武蔵が無抵抗のまま洗われているときも、小次郎は慰めるように武蔵の前足をペロペロと舐めています。まるで「いやでしょ? がんばってね」と言うように…。でも、武蔵は結構余裕かもよ、小次郎さん。

 

ただ、このあと武蔵も震えているので、怖いのか、ちょっと寒くなってきたのか…いずれにしても、濡れた状態は犬にとって「体温を下げていく」という不安な状況ですから、もしかしたら「どちらも」だったのかもしれませんね。

しかし、小次郎とは打って変わって「無」を貫く武蔵でした。

 

この後、しっかり身体を拭いてもらったあとは2頭で仲良く日向ぼっこしながら自然乾燥タイムに突入。暑いくらいの日差しの中、ふたりとも気持ちよさそうに過ごしたのでした。

小次郎、早くお風呂に慣れるといいね。夏は回数が増えるものだから、この暑い間に慣れてしまうといいのだけれど…武蔵の姿を見習いながら、頑張ってね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

苦手なシャンプーを終えた柴犬の、その乾燥方法に個性が出ちゃった件。

いいなと思ったらシェア

  • 柴犬ライフ,毎日一緒

おすすめ記事

  • 柴犬ライフ,わんちゃんのおめめ