2019年1月2日2,447 ビュー View

伊勢海老とオーナーの乱!?巻き込まれた柴犬がとった行動とは?

このお正月、みなさん色んなご馳走を召し上がっていると思いますが、生きたままの「伊勢海老」が丸ごと家に登場!というお宅はさすがになかなかないでしょう。そんな中、今回ご紹介するお宅には、頂き物の「伊勢海老」がやってきました!とっても新鮮で、なんと生きたまま。ということで、初めて伊勢海老を目撃した柴犬と、実は捌くことが苦手というオーナーが別の意味で一緒に困っている、ちょっと笑っちゃうやりとりの動画をご紹介!

この記事のタイトルとURLをコピー

「う…なんか変なのが来たよ…!」

「寛太、すごいのが来たよ…生きてるんですけどどうしますか?」と、柴犬寛太くんの前に持ってこられたのは、なんと生きたままの伊勢海老。もちろん見たことも食べたこともない品ですから、ちょっと怖がりながら様子見な感じで伊勢海老を見つめています。

 

伊勢海老「カサッ」

寛太「びくっ!」

 

伊勢海老のこの「カサッ」という動きにより、ちょっと眠そうだった寛太くんも一気に困惑顔に。「なになに…これ動くの…?」そんな心の叫びが聞こえてきます。

 

思わず後ずさる寛太くん

当のオーナーも、生の伊勢海老を調理したことが無く、さらに刺身として捌くことが苦手なようで「どうするかんちゃん…?」と、困りながら問いかけは続きます。

「そう言われても…」きっと寛太くんも困惑していることでしょう。だって初めて見るいびつな形の動くものって…そりゃ怖いよね。そのまま後ずさりをしてしまいました。そしてついには伊勢海老から目が離せなくなった模様…。

 

しかし!そんなやり取りをしつつも、ドキドキしている寛太くんの様子がどんどん可愛く思えてきたのでしょう。オーナーにはいつしかいたずら心が芽生え、苦手と言っていた伊勢海老のひげをつまんで寛太くんを追いかけているではないですか!(笑)

これには寛太くんもタジタジ。「やめてよぉ」と言わんばかりに部屋の中をスタスタ歩いて逃げています。

愛柴の可愛さは、苦手なものすら克服してしまうという強さがある、ということでしょうか…。

 

伊勢海老、無事茹でられました。

「素人に刺身は無理」と判断をしたオーナーは、伊勢海老をそのまま茹で、そしてその後お味噌汁としていただいたようです。「かわいそうだけど…」と思いながらも、きっと感謝しながら美味しくいただいたことでしょう。

 

そんな伊勢海老が去った後は、再び平和なリビングに戻りました。普段通りぽかぽかした日差しが窓から差し込み、寛太はお気に入りのソファでお昼寝を開始。やっと「我が家の日常」に戻ったようですね。これで「伊勢海老とオーナーの乱」は終了です。(笑)

 

オーナーさん、海老さん、どうぞ柴犬へのいたずらはほどほどに…。

 

伊勢海老と対峙させられた柴犬・寛太の動画をご紹介しました。なんだか見慣れない変な形のものって、やっぱり警戒しちゃいますよね。しかし、伊豆からやってきた生の伊勢海老って…それはそれはおいしかったのだろうなぁ…。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

オーナーの"いたずらフェイント"に柴犬たちの反応は?

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事