2019年6月3日5,134 ビュー View

まるでトリック写真のように、異次元感漂う柴犬の姿から目が離せなくなる

「あれ、柴犬がパンみたいに小さくなっちゃった…? え、今度はオーナーさんよりも大きくなったって…?」そんなおもしろ写真を作り出したのは「遠近法」。今回は、そんな遠近法を用いて撮影された柴犬たちのオモシロ写真をご紹介します。いい感じにジワジワきちゃいますよ。

柴犬が大きくなったり小さくなったり…!?

遠近法を使えば、柴犬のサイズも自由自在に変えられちゃいます。

 

こんがりと焼けたハード系のパンと、ソフト系のパン…と思いきや、ソフト系の方は柴犬Moccaちゃんでした。ゴロンと床に横たわりなぜかふて寝をしているそうです。

その理由は、オーナーさんが焼いたパンはガーリック入りでMoccaちゃんは食べられないからだそう。美味しい香りに包まれながらも食べられないとあっては、ふて寝しちゃうのもわかりますね。でもこればかりは仕方がないから我慢してちょうだい!

しかしこのパン、よく見ると絨毯の模様まで同じ…なかなかのアートパンですね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shiba Moccaさん(@mocca_shiba)がシェアした投稿 -

 

沖縄の海を背景にして写真に収まっている柴犬千春くんとオーナーさん。カメラの近くに千春くんがいるので、かなりの巨大犬に見えますよね。巨大な柴犬となった千春くんの目線の先には小さなオーナーさんがいるという、なかなかシュールな仕上がりになっています。

モノクロでちょっとレトロな感じもあって雰囲気的にも素敵ですよね。これはちょっと真似してみたい!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬千春(ママはシャヒ)さん(@syahi99fei)がシェアした投稿 -

 

複数頭での遠近法コラボ!

同居犬同士の遠近法コラボも、なかなかの名作揃いです。

 

柴犬のウルフくんの頭の上に、ゴールデンレトリーバーのトリキシーちゃんの頭がちょこんと乗っている…ように見えるこちらの写真。普段の大きさから言えば、まずありえない状況ですよね。そんな風に、”有りえない状況を楽しめちゃう”というのがこの写真のおもしろいところ。

それはそうと、二頭がこんなにもキラキラと目を輝かせながら見つめているものは何なのでしょうか? その答えはキッチンです。きっと、オーナーさんがキッチンに入って、料理をしているところだったのでしょうね。こんなにかわいい監視員がいたら、つい気を取られて作業が進まなくなりそう!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Trixie_Wolfさん(@trixie_wolf)がシェアした投稿 -

 

近くにいるのはつくねちゃん、そして遠くにいるのはごまちゃんです。離れて座っているのになぜか二頭ともカメラ目線。しかもポーズまで激似! リラックスしすぎな座り方まで一緒なんておもしろすぎますね。

そして次の写真を見てみると…なんと今度はつくねちゃんとごまちゃんの位置が逆になっているバージョンの写真が。やっぱりポーズも一緒。離れているのにシンクロしてしまうなんて、よほどの仲良しさんの証拠でしょう!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

豆柴ごま♡柴犬つくねさん(@shiba_goma_tsukune)がシェアした投稿 -

 

きゃー! 柴犬が大きく口を開けて仲間を食べようとしている! …なんて、もちろんそんなわけは有りません。柴犬の柴さんがあくびをした時にゴールデンレトリーバーのゴルさんがちょうど良いところにいた、といワケです。

もちろんゴルさんはそんな風に見えているとは知るはずもなく、まったりと眠そうな様子でまるで危機を感じていないよう。そのギャップがなおグッドです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

goll.sshibaさん(@b09r04)がシェアした投稿 -

 

遠近法で撮った柴犬の写真、どれもなかなかいい味が出ていましたね。遠近法ならこそっと撮影できちゃいそうなので、真似できそうなものはじゃんじゃん真似して、オモシロ写真コレクションなんかを作ってみるのも楽しいかもしれませんよ。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ななめ上のセンス!? 柴犬まめ丸の、おもしろカワイイ顔はめライフ♡

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事