2019年6月6日5,712 ビュー View

梅雨のピークがくる前に…洗濯日和だからって「干されるなう」した柴犬たち。

天気が良い日は、ついつい洗濯機を何回転でもさせて色々と干したくなってしまいますよね。衣類などの洗濯物だけでなく、布団や枕、そして柴犬も……? 今回は、まるで「梅雨の合間!」とばかりに自ら干されに行き、お日様の下で心地よさそうに過ごしている柴犬たちをご紹介します。寝相アートなんかも見つけちゃいましたので、まるで洗濯物になりきる柴犬たちをどうぞご覧ください!

干されるなう、な柴犬たち。

自宅で「干される」に最適な場所。それは太陽がよくあたる場所ということですよね。もちろん、そんな風にポカポカで気持ちが良い場所を柴犬たちは熟知しています。

 

こちらは柴犬あんずさん。芝の上に横たわって、がっつりと太陽を浴びて干されています。目も細めてとても心地良さそうな表情ですね。そして写真を進めると2枚目ではバックショットが。ハーネスからはみ出たモフの様子しかり、少しボフっとしたしっぽもまたしかり、どこを見ても気の抜けた雰囲気が伝わってきて、これは見ている方にもリラックスを与えられるような干された様子でした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あんずさん(@shiba__anzu.3129)がシェアした投稿 -

 

遠くの方で…

「パタリ」と倒れている様子の柴犬はしんのすけくん。遠くからかなり引いて撮られたお写真ですが、そのまま進めてみるとどんどん近づいていきますので、どうぞご覧ください。その様子を見ていくと、しんのすけくんもまたしっかりとお日様の心地良さを感じて干されていたようですね。というよりそのまま眠ってしまっていたよう。「今はくつろぎ中です…」という心の声が、この伸びたしっぽに表れているようですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kittanさん(@kittan2341)がシェアした投稿 -

 

しっかり伸ばして干さないと。

お次は柴犬桃さんです。桃さんは、お部屋の中のポカポカポイントで干されているようですね。しかしこの日はカーテンがしまっていたため「顔だけでも…」とその下に入り込んで太陽を浴びています。それにしても、まるで体まで干されたかのようにピンと伸びたポーズをとっているようですが、気持ちだけはもう「全身で太陽を浴びている」ような気持ちでいるのかもしれません。確かに、洗濯物はきちんと伸ばしてから干した方がいいわけですから、律儀にそれを守って、あえて伸びきっていたのかもしれませんね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

桃さん(@mayuki2015)がシェアした投稿 -

 

洗濯物になってみた

こちらの柴犬は桜さん。オーナーさんが干そうとしている大量の洗濯物にさりげなく紛れ込み、自分が干される順番を待っているようです…なんて、多分オーナーさんに構ってもらおうとやってきただけなのでしょうが、まるでその時を待っているかのようでこの様子はかわいすぎ!

そんな桜さんの思惑通り、オーナーさんもついつい構ってしまって、なかなか家事を進められなかったそうです。桜さん、なかなかやり手のようですね。

 

 

 

寝相アートで「干される柴犬」

眠っている柴犬の周りにデコレーションをして、現実にはありえないような世界を作る”寝相アート”。なんとその寝相アートに、柴犬が洗濯をテーマにして挑戦してみたようですよ。

 

投稿者のお母さんが撮影して送られてきたというこちらの写真。ぐっすりと寝ている柴犬が、洋服や靴下などの干された洗濯物に並び、洗濯バサミでしっかりと干されています。見た目が可愛い上に、ちゃんと「干している感」まで演出されていて芸が細かいアート作品ですね。

しかし、こんなイタズラをしてしまうお母さんもまたかわいらしいです!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Syusuke Wadaさん(@this_megane)がシェアした投稿 -

 

これから日本中で本格的に梅雨モードになりますから、合間にある貴重は晴れの日にはぜひ「干して」あげて、その心地良さを柴犬たちにも感じさせてあげてくださいね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬たちの「エア犬かき」はいつ見ても可愛いくてニヤけてしまう

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事