2019年6月5日5,611 ビュー View

【そこが可愛いトコ!】柴犬たちのちょうどいい距離感「柴距離」が慎ましくて愛おしい

みなさんは、「柴距離」という言葉をご存知ですか? 独立心が強く、あまりベタベタするのが好きではないのが柴犬の特性の一つ。なので、たとえ相手が信頼しているオーナーさんや同居犬であっても、なぜか微妙に距離をとって過ごすということも多いのです。そんな様子のことを柴犬ラバーの間で「柴距離」なんて名付けられているのですが、この「柴距離」というものかなりいい味を出していて、まさに柴犬らしい奥ゆかしさを感じさせるのです。

もっと距離を詰めても、いいんだよ…?

明らかに愛で溢れているのに、人間と距離を保つ柴犬たち。でも逆に味わい深い絵になっている時もあるようです。

 

柴犬の琥珀ちゃんの家に甥っ子くんが遊びに来ました。楽しかった時は終わり、甥っ子くんが帰る時間に。琥珀ちゃんも一緒に彼のお迎えを待ってあげているようなのですが、絶妙な距離感がありますよね。

遊び好きな柴犬ですから、琥珀ちゃんは「もっと遊びたいな」とか「すぐにまた来てくれるかな」とか、本当は寂しい感情が心に溢れているでしょう。わかりやすくその気持ちを表現しても良いのに…と思いつつ、これが柴犬らしい奥ゆかしさが表れているところなのです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬琥珀さん(@mizukitokohaku)がシェアした投稿 -

 

仕事の合間に実家に帰ったオーナーの娘さん。このように写真に撮ってもらってその事実を知ったようなのですが、昼寝をしている枕元にはずっと柴犬のすずちゃんがいたようです。でもご覧ください、この距離感。

構ってほしいのなら直接娘さんに甘えに行けば良いのに、寝ている娘さんを気遣ってか、柴距離を保っているよう。「もしかして今までも…?」と実家柴の秘めた愛を察して悶絶してしまう娘さんでした。うんうん、これは悶絶しちゃいますね…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬ヤマトとすず🐕♡さん(@yamato____shiba)がシェアした投稿 -

 

柴犬同士の柴距離はジワジワくる。

柴犬同士の柴距離も、また良いものです。お友だちのはずなのに、どうしてそんなに他人行儀なのさ!

 

花見に来た柴犬リリィちゃんは、偶然にもお友だちの柴犬四頭に会ったようです。人間は大好き、でも犬にはちょっぴり厳しめなリリィちゃんは、四頭に向かって「ワンワン!」と少し不機嫌なご様子。せっかくの集合写真も、この通り明らかに距離を取るリリィちゃんでした。

オーナーの立場からしたら「一緒に写ってよ〜」と少し残念な気持ちになるかもしれませんが、見ている方は「柴距離、やっぱりおもしろい…」となってしまいますね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬リリィさん(@naolily)がシェアした投稿 -

 

典型的な柴距離を映し出した写真はこちら。夕方の散歩で一緒になった桃子ちゃん、昴くん、まめちゃんの三頭ですが、なぜか全員知らん顔で目を合わせません。まさにこれぞ柴距離! …かと思いきや急にスイッチが入ったらしく、大盛り上がりで遊ぶ三頭の様子が動画で見ることができます。つくづく柴犬らしくて、笑ってしまいますね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬ももすばさん(@shiba_norinori)がシェアした投稿 -

 

柴犬ラバーにとっては、この独特な「柴距離」は彼らの魅力の一つですよね。

このように、基本的には適度な距離を保つのに、たまにぐっと近づいてくるそのギャップがまたたまらなく可愛いトコだったり。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

絶妙な距離感が仲良しのコツ?保護猫と暮らす柴犬の花ちゃん

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事