2019年6月19日10,764 ビュー View

【がるる…】柴犬たちはどんなに”オコ”になっても結局カワイイから構いたくて困る。

どんなに怒っていても、自分が「イヤ」と思っている気持ちを相手に伝えるのは少し難しいところがありますよね。そんな時、言葉をもたない柴犬ではどうするでしょうか。今回はまるで「やだ・ダメ」と言っているような仕草で怒っている気持ちを表現している柴犬たちをご紹介。懸命に想いを伝えている様子を見てみましょう。

ソコを触られるの、イヤだ…

こちらは白柴ゆきちゃん。彼女の前足に触れようとオーナーさんがそっと手を伸ばしていきますが、触られた瞬間サッとよけるゆきちゃん。この様子は、どうやら触られるのがイヤなようですね。しかしその反応が可愛いく思えたのか、オーナーさんはもう一度触ろうとめげずに手を伸ばします。するとゆきちゃんは、まさかの”やだよ攻撃”をしてきたのです。

ゆきちゃんのかわいい前足は、オーナーさんの手を制止するかのように、まるで「やめて」とばかりにオーナーさんの手の上にポフッ。これはもう、なんてわかりやすいかつ、かわいい意思表示なのでしょうか。

柴犬たちは足を触られるのが苦手という特徴がありますが、この仕草が可愛すぎて逆にやってしまいそうになるかも…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

えみつぃんさん(@emituxin)がシェアした投稿 -

 

ムシャムシャ! ゴハン独占中!

大きいお肉の塊をムシャムシャ食べているパピーの柴犬ムナちゃん。これはなかなかの迫力ですね。そして食べたい気持ち満々でムナちゃんのとなりにいるのは成犬の柴犬ゴールディくんです。

そんなゴールディくんですが、あまりに夢中で食べているムナちゃんに圧倒されているのか遠慮がちに顔を近づけると、食べながらも超激オコになるムナちゃんに、「ガウガウ!」と一蹴されてしまいました。それはもはやパピーの域とは思えない迫力です。

そして注目したいのはゴールディくんの表情。一応鼻にシワをよせて控えめに「独り占めするなよぉ…」と怒っているようですが、ムナちゃんの勢いに押されて結局一口も食べられませんでした。なんという無念な…。

でも安心してくださいね。この後オーナーさんが、ムナちゃんを別の場所に連れて行って、ゴールディくんだけで落ち着いてお肉をもらえたそうですから。

しかし、パピーより先輩であるゴールディくんのおおらかな優しさが垣間見えた瞬間でしたね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GOLDY & MOON SHIBA INUさん(@shiba_goldy)がシェアした投稿 -

うっかり手をだしたら怒られちゃう!

ダンボールに顔を突っ込んでゴソゴソしている柴犬ニウちゃん。その中には、大好きなオヤツが入っていたようです。そしておやつを見つけたニウちゃんは、伏せをしてしっぽフリフリ、ニコニコ気分でおやつカリカリ! …と、とても満足そうなことが伝わります。

しかし、そんな上機嫌なところへオーナーさんの手が忍びよります。ピュッと逃げたニウちゃんを見てください。「奪われないうちに…」と思っているかのように、オヤツを急いで食べていますね。それでも場所を変えカリカリ…そしてまた奪われる予感を察知し、サササッと場所を変え…と、かなり俊敏な動きを見せているようです。

このように犬が一度手にいれたものを離さないのは本能ですから、無理に奪おうとしたらこの後「ガウ!」と怒られちゃうでしょう。いくら可愛いとはいえ、オーナーさんはそんな彼らの声を無視せずに、構いすぎには注意してくださいね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

FANG FANGさん(@dear_zona)がシェアした投稿 -

 

どの子もみんな、わかりやすく気持ちを表して怒っていましたね。しかし、怒っている姿は普段とは違うまた特別な可愛さがあります。オーナーであれば「怒っているのね」と、素直に感情を表す子供を見るように思ってしまうでしょうが、彼らはいたって本気。ちょっかいの出しすぎには注意ですよ。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬は怒り顔も豊かだった! その表情を「お怒り度別」に見せていただく

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事