2019年7月27日6,585 ビュー View

「番犬?本日休業デス…」気を抜いてだらだらしている柴犬の姿が、微笑ましいを通り越して笑えてくる

柴犬たちは、その外見からなんとなく硬派なイメージを持たれがちです。確かに、その性格も忠誠心が強く家族以外にはあまり懐かないという、まさに”見た目を地でいくタイプ”なのですが、そんな硬派な雰囲気に反して、実は「抜くときは抜く」というオンオフの切り替えがしっかりとできる性格の持ち主。そんな柴犬たちのリラックス中は、もう笑えてきてしまうほどに気を抜いているのです。今回は、そんな彼らのオフモードをご紹介してまいります。

脱力+おまたパッカーンでございます。

柴犬のゆずちゃんは、オーナーさんに抱っこされてまるで気を抜ききった状況のようです。前足をバンザイのようにされながら、お腹丸出し、おまたパッカーンの姿からは、柴犬は番犬というワードは完全に消え去っているよう。しかしこれはオーナーさんだからこそ成せるワザなのです。家族以外では、さすがにここまで気を許したポーズは見せてくれないでしょうからね。

2枚目では隣で他の柴犬も抱っこされているようですが、比較してみるとその差は歴然。ちょっと、気を抜きすぎでは…と突っ込みたくなってくる様子でした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

いたずらっ子 柴犬ゆずさん(@yuzuyuzu.9.11)がシェアした投稿 -

 

「ぐでーん」と聞こえてきそう

こちらの柴犬は、なんとも人間感漂うリラックスを見せてくれました。こちらは勝手にゴロンとしていただけの最中ですが、何を思ってこんなにくつろいでいるのでしょうか。ちょっとだけ半開きになったその口元にはジワジワきてしまいます。

そして写真を進めるとアップの様子が見られますが、急に眉毛が登場したり、最後の写真なんかはもう人間にしか見えてこないような…。やるときはやりきる、というのが柴犬という犬なのでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ちゃいさん(@shibainu_chai_5.5)がシェアした投稿 -

 

首、どこいった…。

こちらも仰向けになりリラックス真っ最中の様子の柴犬ですが、とりあえず、首どこいった。もしかして、顔だけクッションの下に突っ込んでいるのか…? と思ったところ、よくよく見てみると真横に曲げていただけのようですね…っていやいや、ちょっと曲げすぎて怖い感じになっているけれど、それで大丈夫なのかと心配になってきます。

しかし柴犬からしたらこれが落ち着くポーズということなのでしょう。もう、おかしすぎるリラックスは不安になるからやめて…!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

tsumugi.kakudaさん(@tsumugi_hitoshi_1755)がシェアした投稿 -

 

マッサージされるとつい。

こちらの柴犬は、胸のあたりをマッサージされると「もっとやってえ~」とばかりについつい前足を伸ばしちゃうといクセをお持ちのようで、オーナーさんが撫でるとピーンと前足が突っ張ってしまいます。そのマッサージの揺れに合わせてリズムによく揺れる腕がなんだかおかしい…。しかし、こんなにも気持ちの良さそうな顔と仕草をしてくれたら、もうマッサージのやめどきがわからなくなりそう!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ヴァルさん(@gosaku.jr.varu)がシェアした投稿 -

 

どの子のリラックスも、もはや犬を忘れているかのような様子に見えましたね。街で見かける柴犬たちはどの子も気を張ってキリッとした様子に見えますが、おうちに帰るとこのようにぐでーんとしている子も多くいるのです。しかし、オーナーさん的にはそのギャップがたまらないポイントなのですよね。これからも、そんな風にリラックスできる環境を作っていってあげましょうね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「これが私のリラックススタイル。」見事な仰向け姿の柴犬はな

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事