2019年7月21日13,586 ビュー View

「ねぇってば〜(ぽふ)」「ソコたたく!?」少しウザめにちょっかいを出してしまった柴犬たち。

人間は、気になる人やものにはつい触れたくなるもの。ワンコの場合だと、気になるものはまずにおいを嗅ぎますが、その後は前足で触れてみたりとやはり同じような仕草をします。ということで、彼らも気になる存在には前足でちょいちょいとするもの。でも、そのやり方がちょっとだけ「おいおい」と言いたくなるケースもあるようです。今回は、そんな「ちょっと、雑じゃないかい…?」と言いたくなるようなシーンをご紹介。見たら思わず突っ込んでしまうはずですよ。

(お尻に)「エイッ!」

柴犬のりゅうくんは、一緒に暮らしている茶々ちゃんのことが大好き。この日も自分に構って欲しかったようで、りゅうくんはありったけの思いを込めて「エイッ!」と自分の前足でアタックをします! すると、見事にりゅうくんの手が茶々ちゃんのお尻に刺さってしまったよう。これはもう事故レベルですね。静止画だと、もはや突き刺しているようにさえ見えてきます。もちろん、アタックされた茶々ちゃんも「おい」とばかりにりゅうくんの方にクルッと向いていますが、そのさめた表情……まあそりゃそうだ。りゅうくんの熱烈なアタックに茶々ちゃんが応じてくれる日は来るのでしょうか。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

赤柴りゅう♂茶々♀さん(@shiba_ryujin)がシェアした投稿 -

 

「君のふわふわが気になるんだ!」

お次は動画でご覧ください。黒柴のララちゃんは、家族であるくぅちゃんの胸のあたりをポフッ、ポフッとと元気よく前足で触っています。その辺りまではくぅちゃんも許していたのでしょう。ですが次の瞬間、なんとララちゃんはくぅちゃんのお顔にも思いっきりポフッを始めたのです。それにはさすがのくぅちゃんも我慢ならなかったようで「やめんか!」と怒ってしまいました。「親しき仲にも礼儀あり」 という言葉を体現しているかのような光景でしたね。やりすぎには注意だよ、ララちゃん。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Chiyo ShibaInuさん(@chiyo.shibainu)がシェアした投稿 -

 

そこはね。手を置くトコじゃないんだな。

一緒に洗濯カゴに入るパピーの柴犬たち。わらわらと何匹も小さなカゴに入っていると、ときには思わず仲間を踏んだり、パンチしてしまうこともあるかもしれません。こちらのパピーも、見事に隣にいる子の頭を思いきり押さえつけてしまいました。もしかして…触り心地がいいからと、わざとやっちゃった…? 理由は何であれ、置かれているパピーの顔が潰れてしまっているから、すぐにやめてあげてちょうだい!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

shibainu Moon Bom , Paeraengさん(@shiba_moonbom_bp)がシェアした投稿 -

 

柴犬たちがちょっかいを出すのは、その子について何か気になることがあるから。「遊んで欲しい」という感情が大半を占めるでしょうが、相手の柴犬が乗り気じゃない時はケンカになってしまうこともあります。

ドッグランなどで初めて会うお友達とそのような状況になった場合には、オーナーさんは怪我をしないよう愛柴の動きを気にしつつ、彼らのスキンシップの様子を見守ってあげてくださいね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

キュート+面白い=それが我らの愛する柴犬だ!

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事