2019年8月15日11,593 ビュー View

【動画】(タッチ?無視したろ…) 眠くて散歩のお誘いをうざがる柴犬こてつと飼い主の戦い。

犬たちは基本的にお外へ出ることが大好き。日々の日課であるお散歩でも、誘うと必ずしっぽを振って嬉しそうにしています。その姿はとてもかわいらしいものですよね。しかし、そんな時にもし「眠たい」という場合だとどうでしょうか。

今回は、お散歩のお誘いに「明らかに気乗りしない」という様子を見せている柴犬こてつをご紹介します。眠くて出かけることが面倒なこてつと、お散歩に連れ出したいパパとの攻防戦をどうぞご覧ください!

 

「お散歩行こう」に対してトロ〜ン

 

こちらが今回、ねぼすけになってしまった柴犬こてつ。目は半開きで、眠そうにとろんとしていますね。パパから「おはよう」と声をかけられても微動だにしません。

 

そんな風に、「まだ寝ていたい」という雰囲気のこてつに対してパパが「お散歩行こう」と誘います。しかしこてつは、「ウウー」と唸って行きたくないことを主張…するわけでもなく、ただただ静かにぼーっとした表情のまま。そうです、こてつは「行きたくないよ」と”無言の主張”をしていたのです。

 

そんな時一瞬、「チャリン」と音がします。もしかしたらオーナーさんがこてつにリードを見せたのかもしれませんね。まるで「げっ」という感情を表すかのようにむくりと起き上がり、こてつは前歯をチラ見せして先ほどよりも強めに抵抗しているのがわかります。もっと眠っていたいのに、しつこくお散歩に行こうと誘ってくるパパがちょっぴりうざく感じているみたい…。

 

パパ、テンション上げさせよう作戦に出る 

お散歩のお誘いを無視されたパパは、ここでこてつのテンションをあげさせようという作戦に出たのか、ハイタッチを要求。

しかし、こてつはもしかしたら低血圧なのでしょうか…とてもハイタッチをするようなテンションではないようで、もはや、その仕草を見えないことにしているかのように、あくまで無視を決め込みます。

 

何度ハイタッチに誘われても全く動く気配のないこてつ。そしてやはりまだ眠いようで大あくびを。しかし、このまま放っておいてはこてつが二度寝してしまいそうだと感じたパパは、こてつにお手を指示したり、再びハイタッチを要求したりと引き続きしつこくする作戦に出て、二度寝を阻止しようと奮闘します。

 

しかしこてつは、もはやお人形にようにかたまり、パパさんのことをガン無視…。ここまで反応のない様子を見せられてしまったら、もはや悲しくなってきそうな…。

 

「タッチの意味はわかっているけど、今はやりません」なんて書いてあるようなこのお顔は、なんとも強い意思を持って拒否を実行しているようですね。

 

「ガルルルル…」最後まで怒るこてつ

完全無視を決め込んでいたこてつに対して、ついにパパは「ハーネスをつける」という強行手段に出ました。さっきまでパパに無言の主張を続けてきたこてつは少々荒い戦法に動揺して、こてつ的にも最終手段となる「ガルルルル…」と声に出す手段に出ました。

 

しかし、こてつのその抵抗もむなしくハーネスを「カチッ」とはめられてしまいます。これはもう、このまますんなりお散歩に行くしかないでしょう…と思いきや、ハーネスをつけた後もゴロンと寝転がり、諦めずに二度寝しようとするのです。

その心を叫ぶかのように、高い声で「ミャ〜」なんて猫のような声をあげながら…。

 

人間でも朝が苦手な人は多くいます。目覚まし時計をかけて、ちゃんと起きたとしても頭はぼーっとしていたり、時にイライラしてしまうことだってあるでしょう。

そんな皆さんは朝が苦手なこてつに、ちょっとだけ親近感が湧いてしまう方もいるかもしれません。

まるで「低血圧状態」とも言えそうなこてつとパパの朝の攻防戦を、どうぞご覧ください!

 

一般的に犬はお散歩が好きですが、寝起き直後のお散歩はちょっと面倒に感じる子もいるようですね。そんな時は、彼らのペースでゆっくりと起こしてあげるといいかもしれません。あとは、大好きなおもちゃなんかで遊んでからだと、彼らも「次はお散歩? ウェルカム!」な状況になってくれるかも。どうぞ、いろんな方法を試してみてくださいね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【動画】「前に進めない…」おドジ強め。色んなおとぼけを連発する愛すべき柴犬、こてつ。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事