2019年8月1日22,103 ビュー View

【動画】「かまってよう…」相手にされなくてもめげない柴犬の姿に胸がキュン。

もしも、普段から身近にいる人に相手にされなかったら…これは、誰でも悲しい思いをすることでしょう。もちろんワンコたちもしっかりと感情を持っていますから、「かまってもらえない寂しい気持ち」を感じることだってあります。彼らは元々群れで暮らしていたためひとりを好まず、基本的には仲間と一緒の行動を取りたがるため、もしかしたらその気持ちは人間よりも強いかも。ということで、そんな「かまってよ〜」なモードになった時の柴犬たちの反応は、可愛らしくもちょっぴり切ないものだったのです。

遊びたい気持ちを吠えて伝えるも…

こちらは、韓国に住む柴犬ローマくんとロミちゃん。ソファーにいるロミちゃんを見つめて「アオーン…アオン…」と、まるで人間が話しかけるように吠えて気持ちを伝えるローマくんですが、伏せをしたり小刻みにしっぽを揺らしたりする様子を見る限り、「座っていないで、遊ぼうよ」とでも言いたいのでしょう。

しかしまるで我関せずとばかりに、いや、むしろガン無視と言えるほど反応を示さないロミちゃんは、ローマくんの声を聞きながらも、改めてソファーに深くのけぞるのでした。この後、まるで女王様な雰囲気のロミちゃんと仲良く遊べる時間はきたのかな…?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shiba_Romaさん(@shiba_roma)がシェアした投稿 -

 

無視されてちょっとオコなパピー

とっても可愛らしい赤柴と黒柴のパピーたち。一見仲良く遊んでいるように見えますが、よく見ると、遊びたいのは黒パピーだけのようです。じゃれ合いながら遊びをふっかけますが、無視されて怒ったのか赤パピーに思いっきり体当たりを。しかしそこはパピー、ぶつかった反動で自分の方がよろけますが、こりずに再び体当たりをします。

すると、そのしつこさに赤パピーは激怒! 子犬らしい高い声で「キャン!」と黒パピーを一蹴。そんな風に吠えられてしまったあとの黒パピーの動きに注目です! なんと、回し蹴りとも思える後ろ足攻撃を仕掛けたのでした。可愛いけれど、怒らせたらこんな風な仕返しをされちゃうのか…とちょっと驚きです!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shiba inuさん(@kawaiiken_thailand)がシェアした投稿 -

 

家族に不審がられて”ぼっち”に…

エリザベスカラーをつけている柴犬パパ。どうやら足をケガしたようです。ということで、パパの首についている得体のしれないモノを警戒するパパの家族たち。少し離れて歩いているのはママでしょうか。理由わからず、なぜか自分から離れるママのことを優しく見つめるパパですが、ママは一定の距離から近づこうとしません。反対側からパパに近づいてきたのは、少し小さいから子どもでしょう。警戒心よりも好奇心が強い子どもは、パパの鼻に自分の鼻をくっつけています。しかし、その後遊びを始めるわけでもなく、ママと子どもはピッタリ寄り添って、少し離れた場所から一緒にパパを見つめています。

「何故か自分から離れていく家族」という現実は、パパからしたらとっても悲しいことでしょうから、例え意味がわからなくてもちゃんと理由を伝えてあげたくなりますね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shiba Meets World 🌎さん(@shibameetsworld)がシェアした投稿 -

 

どの柴犬も切なそうな表情をしていましたね。そんな様子を見るとちょっと胸がキュウっとしてしまうものがありましたが、それぞれの状況には理由があるもの。だから「犬には犬なりの理由」があっての行動だと思うと、なんだか興味深い気持ちにもなりますね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「キミと仲良くなりたいよ」柴犬たちの切ない片想い

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事