2019年7月29日6,710 ビュー View

【検証】コレはとぼけてますわ…「犯人は現場に戻る」と言うが、イタズラした柴犬の場合はどうなった?

こっそりオーナーの大切なものをかじってしまった時、こっそりつまみ食いをしてしまった時、あなたの愛柴はどのような反応をしますか? そのイタズラがとっても小さなことであれば、黙っていればその悪事はバレなそうなものですが、なぜだか彼らはやらかしたところに戻ってきがち。ということで、刑事ドラマでよく見る「犯人は現場に戻る」という現象は、柴犬にも起きているようです。今回はそんな「なぜ現場に戻ってきたし…」という様子をご紹介します。一体どんな顔をして、どんな反応をしていたのか…。

私がやりました。反省しています。

柴犬がなんだかバツの悪そうな顔をしていると思ったら、すぐそばに変わり果てた姿のものが…なんてことはよくあります。

 

イスの下に隠れるように潜り込んでいるのは、デリィーちゃん。それもそのはず、このようにイスをボロボロにしてしまった真犯人はデリィーちゃんなのです。これにはオーナーさんも「そのうちイス壊されそう」と危機感をつのらせているよう。

それにしても、彼らは一体どうして自らの犯行現場に戻るのでしょうか。そんなに正直に「これはわたしがやりました。反省しています。」なんていう態度を取られたら、怒るに怒れないじゃないの。あっ…! もしかしてそれが目的なのか!?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊木美愛香さん(@aica_i09)がシェアした投稿 -

 

新品だと思われるスリッパを切ない顔で見つめるサラちゃん。しかし、サラちゃんがそんな顔になるのも仕方がありません。その前に使っていたスリッパを噛んでダメにしてしまった張本人なのですから…。

その後の様子を見てみると、やっぱり切ない顔で穴の空いたスリッパを見つめています。これだけ反省しているということは、もうスリッパを噛んだりしないよね? …ね!? まさかもう狙っているなんていうことは…ないよねえ…?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@ma11387がシェアした投稿 -

 

反省? はいはい、してるしてる〜。

なかには、現場に戻ってきては「自分がやったことに間違いない」と犯行を認める一方、反省の色は全く見せないという強気な柴犬も。

 

オーナーさんが発見したのは、地面に残された柿。干し柿にするために干しておいたようですが、何者かがちょっと味見をしたような形跡が残っています。もう、いったい誰がこんなことを…!

試しに、容疑がかかっている者の名を呼んでみたら、なんとも素直にのこのこと犯行現場に登場したよう。そう、もちろん犯人はこちらの柴犬です。とまあ、素直に盗み食いした罪を認めたようなので「反省してます札」を首から下げてもらったようですが、その表情を見る限り…本当に反省しているかどうかはかなり微妙なところですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuko Mitouさん(@yuko0505)がシェアした投稿 -

 

こちらはユクちゃん。どうぞ、サムネイルのお顔をご覧ください。犬と暮らしたことがある方ならばすでにおわかりの通り、こちらは「やべ〜」の時のお顔です。普段は黒目がちな柴犬の白目がちょっと見えてしまっているのがその証拠。

そんなユクちゃんは、ツボ押しマッサージ器具を噛み砕いたのではないかとの容疑がかけられています。犯行現場でオーナーさんに問い詰められているところを見てみると、ポーカーフェイスを決め込んで、その時が過ぎるのを待っている様子。これは…残念ながら反省しているフリ…な気が。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

デカ柴⭐️ユクさん(@yukuku5149)がシェアした投稿 -

 

完全犯罪には程遠い、バレバレなイタズラをする柴犬たち。その反省しているような仕草を見るとやはり愛おしく感じられ、ついつい許しそうになってしまうのですが、やはりダメなものはダメ。特に、新品にイタズラするのだけはどうにか勘弁してちょうだい!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ちょっぴり怖がりな柴犬小珀はオーナーによる「いたずらの乱」にどう反応した?

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事