2019年8月17日18,114 ビュー View

【動画】自分より大切な存在…母性を感じる母柴犬の大きな愛情に心が号泣!

愛情には、すべての相手を平等に愛する博愛や、特定の相手に強い愛情を向ける恋愛などいろいろな種類がありますよね。しかし、この世の中でなにかひとつ「これぞ純粋な愛情」というものを挙げるとしたら、やはり「お母さんの愛」に勝るものはないのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、そんな「母柴犬の愛情」です。その様子を見ると、犬、人間など生き物の差はあれど、この世に存在する”お母さん”という存在が放つ愛情は皆同じなのだと改めて考えさせられてしまいます。そんな心温まる動画を、どうぞご覧ください。

なぜか、悲痛な叫びをあげる

玄関でオーナーさんに足を綺麗に拭いてもらっているこちらの犬が、今回ご紹介する”お母さん柴犬”です。お散歩から帰ってきたばかりで、足を拭く恒例の流れを済ませている最中ですが、なぜだか「ヒーン! キャンキャン!」としきりに悲痛な叫び声を上げています。

その様子を見る限り、怪我をして、どこかが痛いというわけでもなさそう。前足、そして後ろ足をふきふきし、悲痛な叫びを上げながらもオーナーさんの言うことをよく聞いて、今か今かとその時間が終わる時を必死で我慢しているようです。

 

パパ、まだなの〜!?

そんな柴犬の心中を知ってか知らずか、のんびりとタオルで足を拭き続けるオーナーさん。「パパ、まだなの?」とでも言うように、裏声で「ヒヒヒヒ」とも「キャンキャン」とも言えないような、切ない声を上げ続けるお母さん柴犬。

そして足を拭き終わり首輪を外してもらった瞬間、もう何かに駆られるかのように猛ダッシュ開始です!

 

早く早く! 一目散に向かう先は…

お母さん柴犬は、一体何をそんなに急いでいるのでしょうか。一目散に、階段を駆け上がって行きました。

そしてカーブを曲がってさらに進むとケージがあります。お母さんはどうやらケージの中に入りたいようですが、ドアが閉まっていて入れません。急いで走ってきたのにもかかわらず壁に遮られ、再びいてもたってもいられない様子に。

そして、「開けて、早く開けて!」と急かすように遅れてきたオーナーさんの方を見てそのことをせがむのでした。

 

「もう待てない!」とばかりに、ドアの横で足踏み状態で待つ柴犬。そして、オーナーさんがガチャッとケージをを開けると…ケージの中のお水やごはんには目もくれず、低い仕切りを飛び越えた先には…なんと生まれたばかりの赤ちゃんがいたのです! しかも3頭も!

 

お母さん柴犬は、自分の散歩中も家に残している赤ちゃんのことが心配で仕方がなかったのでした。赤ちゃんたちのすぐそばに座り込むと、やっと落ち着いた様子を取り戻します。

 

生まれたての赤ちゃんから目を離して不安になるのは、人間ももちろん同じ。大丈夫かな、どう過ごしているのかなと、お散歩中気が気でなかったのでしょう。

 

そんな、お母さんの深い愛情が感じられる動画を、どうぞご覧ください!

 

こちらは1分弱の短い動画ですが、その時間でもお母さんの溢れんばかりの愛情がしっかりと伝わってきましたね。一説によると、動物は本能による育児のみでそこに愛情はないなんていわれていますが、この動画を見ると、その説には思わず反論したくなりますよね。とても素敵な様子をアップしてくださったオーナーさんに感謝したくなる、とってもハートフルな動画でした。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【動画】夢中でママのミルクを飲む柴犬の子犬たちに胸のトキメキが止まらない

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事