2019年8月28日11,604 ビュー View

「ここから出してよぅ〜(涙)」柴犬たちのケージ前”解放アピール”大作戦。

広いところで伸び伸びと遊ぶことは、解放感があって楽しいものですよね。犬たちは普段行動範囲が決まっていることもあり、なお楽しそうに遊んで見せます。ただ、一旦スイッチが入るとその遊びモードはなかなか収まらなくなることもしばしば。そんなときは、静かな室内やケージの中で、しばしの休憩とクールダウンをしてもらうのが良いでしょうが、でも当の柴犬たちはずっと遊んでいたいみたいで…。ケージ前で必死にアピールを繰り出す柴犬たちの様子は、なんとも健気な様子なのでした。

”ウィンク”しておねだり

柴犬の柴太郎は何だかとても退屈そう。隙間から鼻先だけを出し、前足をダランとさせています。きっと、外に出て思いっきり遊びたいのでしょうね。でもちゃんと眠ることだって子犬にとっては大切な仕事。それでも「出たいよー」とアピールを続ける柴太郎はウィンクをしてアピールをするのでした…って、もちろんこれは偶然な仕草なのですが、こんな風に可愛いお顔でおねだりされたらついつい甘やかしてしまいそう! しかも子犬がやっているだなんて、もはや反則レベルでしょう!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shibataro20190213さん(@shibataro20190213)がシェアした投稿 -

 

ドアだってこじ開けちゃう

柴犬琥珀はお散歩が大好きな男の子。この日も外に出たくてたまらず、勝手口からそのまま飛び出しそうな勢いです。なんあと、ドアを鼻先でこじ開けるという強硬手段で訴えたのでした。しっかり挟まれているようだけれど、お鼻は痛くないのでしょうか…!? しかし、写真を進めてみると無事にドアから頭だけ出している琥珀の様子が確認できました。でもそこから先には進めていないようですが、なかなかしつこくアピールしているようですね…。もう、今度は首が挟まれてしまうよ〜!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

劉輝さん(@yrk414)がシェアした投稿 -

 

寂し気な声でキュンキュン合唱アピール

胸を締め付けられるほどに切ない声でクーンクーンという鳴き声が響いています。柵の向こうにいるのは柴犬3兄弟。柵のこちら側にどうしても来たいようで、とにかく寂し気な声で合唱を始めてしまいました。とはいえ、よく耳を澄ませて動画を見てみると、どうも声を出しているのは真ん中の赤柴だけのような気も。隣の黒柴がペロッと顔をなめたのは、もしかしたらなぐさめようとしているからかもしれませんね。まるで「その時まで待とう」なんて言っているようです。

しかしおとなしく待ってくれているのはとっても良い子だけれど、この声を聞かされたらすぐに開けてしまいそう…。

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yu matsuさん(@hinaosora)がシェアした投稿 -

 

もちろん、柴犬たちが自分たちのかわいさを理解してアピール行動をするということはないでしょうが、存在自体が愛くるしいことと、普段の仕草がキュートなこともあって、何かをおねだりされると弱いというオーナーさんも多いのではないでしょうか。

柴犬たちには休むときにはしっかりと休んでもらって、それから思う存分お散歩に行ったり、ケージの外で遊んだり、楽しんでもらいたいですね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

玄関でオーナーの帰りを待つ柴犬たちの健気な姿にキュン♡

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事