2019年9月7日9,920 ビュー View

カメ「なんの用じゃ」柴犬「そこはウチです」自分の小屋を堂々占領された柴犬の弱々バトルが笑える

柴犬は家族だけに一途で縄張り意識が強く、新しいものを中々受け入れられないという一面もあります。そんな柴犬がちょっと気を抜いた隙に、なんと自分の小屋の中に見知らぬ生き物がいたという事案が発生。ちなみに、その生き物とはまさかのカメ。さぁこの先一体どうなる!?

あれ? 確かここはウチのはず…

 

柴犬が自分の家である小屋に戻ってきたところ、小屋の中にまさかの先客を見つけました。カメです。なんと、カメが我が物顔で佇んでいたのです。

 

誰だって、自分の家に別の人がいたらギョッとしますよね。人間なら「あのう…どなた様ですか?」と冷静に話し合いに持ち込むか、あるいは「きゃー! 泥棒!」と叫んで通報するかの二択です。でも家主は柴犬なので、もちろん話し合いには持ち込めません。

ということで、柴犬は「おまえ誰やねん」とばかりに無理やり中へ入ろうとします。

 

「小僧、やるのか?」

すると、中にいたカメも黙ってはいませんでした。せっかく見つけた快適な居場所を取られてなるものかと意外な素早さでサッと外へ出てきて威嚇する様子です。

 

しばしにらみ合うふたり。柴犬が顔を近づけると、カメは一度頭を引っ込めて、今度は上に向けてグイッと目一杯突き出しました。強気な応戦の構えです。

 

そんなカメにビビってしまったのか、柴犬は小屋の横に移動し「ワン!」と声で威嚇攻撃してみせます。が、まるで王者の風格を漂わせるかのように、カメは微動だにしません。

 

必殺弱々パンチを繰り出す柴犬

これでは家を取られてしまうと思った柴犬は、ついに前足パンチを繰り出しました! が、残念ながら弱々パンチです。ひょろひょろと前足をだし、柴犬の中では「えい、えい、ヤー!」というつもりでやっているのかもしれませんが、拝見するに「えい…ええ〜い…やあ〜…」という頼りない感じになっています。

 

柴犬はカメより何倍も体が大きいのに、わかりやすくビビってしまっているようです。これはきっと、怖くて直接カメに触れられないのでしょう。

低い位置から連続弱々パンチを繰り出して、声こそは威勢良く「ワン!」と鳴いてみせるものの、カメはまるで銅像にでもなったかのように、ぴくりとも動きません。

そんな様子を見て柴犬は少し苛立ちはじめ「ガルル」というかっこいい声が出始めました。いよいよ勇気が出てきたようですね。さて、この勝敗どうなる!

 

もはやふてぶてしい様子のカメ

 

「なんじゃ、小僧」とでもいうような、ふてぶてしいカメの顔をご覧ください。これはもう、カメの勝利なのか…! すると、次の瞬間急展開が訪れました。カメがまるで勝利宣言するかのように「今日からここはワシの家じゃ」とくるっと向きを変え、家の奥に入ろうとしたのです。その瞬間! なんとついに柴犬が意を決し、再び小屋の中に突入!

 

その攻撃に慌てて奥へ入ろうとするカメ。そして頭と前足を突っ込む柴犬。…と、残念ながら動画はここで終わってしまいます。最後は一体どうなったのか、とっても気になるエンディングですね。

 

柴犬の警戒心の強さと、縄張りを譲れない気持ちがよくわかる動画ですが、同時にカメのマイペースさと頑固さにも驚かされましたね。

ふてぶてしい(ように見える)カメの顔を見ていると、つい柴犬を応援したくなる気持ちが湧いてきてしまいました。

 

オーナーさん、もし続きの動画があるなら、ぜひアップしてください!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【ささやかな”未知”との遭遇】雨上がりの散歩道、てくてく歩く柴犬の前に現れた…カタツムリ。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事