2019年10月21日7,424 ビュー View

【演技ヘタか】柴犬による「○○したフリ」シリーズ。どう頑張っても主演は狙えそうになかった…【動画】

イヤなことがあると思うとなんとか回避できないか…と考えてしまうのは、なんと柴犬も同じよう。今回はそんな「イヤだなぁ」なシーンをなんと演技で乗り切ろうと頑張った柴犬をご紹介。「いや、それでよく乗り切れると思ったし!」な姿は爆笑必至です!

動きたくないから「寝たフリ」してみる

柴犬ナナちゃんは絶賛すやすや中。でも実はこの場所、オーナーさんのベッドなのでした。

 

自分の場所で寝てもらうためオーナーさんが足を掴んで揺らしてみますが、起きる気配はゼロ。

 

それもそのはず。だってベッドから降りるのがイヤで今は「寝たふり中」なのだから。

 

微動だにしないその演技は、もはや尊敬に値するような…。

 

って、完全に起きてるじゃん…。

今の発言、撤回で…。

 

そんなナナちゃん渾身の寝たフリ動画をどうぞ。

 

まさかの「死んだフリ」で乗り切る

さてお次はこちら。なんとパピーによる「死んだフリ」動画です。

 

画面の手前にいる大人柴の奥に、パピーがいるのがわかります。

 

そしてパピーをかまおうとしたのか、大人柴が少し近づいた瞬間!

なんとパピーはコロンとひっくり返って「死んだフリ」を披露。

 

いやいや、それで乗り切れると思ったの!?

 

…とその前に、大人柴はクマではないし、食べるつもりもなければ襲うつもりもないと思うのですが…。

 

とにかくパピーはひっくり返ったまま、クンクンされている間も懸命に演技しています。

 

しかしそこは柴犬同士。うまく乗り切れた…のかは不明のまま、動画は終了してしまいます。

 

しかしパピーながらにそんな技を持っているのだなんて、ちょっと驚き!

 

散歩ヤダ…「聞こえないフリ」で頑張る

こちらのはるちゃんは、お散歩があまり好きではありません。

 

お散歩が好きでないタイプの柴犬は、ときに「イヤイヤさん」になっている様子が見受けられますが、はるちゃんは「行く前から、行かないために頑張る」タイプのよう。

 

ということでオーナーさんが「はる行くよ」「散歩だよ!」と声をかけても、完全にスルー。

 

でも、目も開いていてこの至近距離で聞こえないフリというのは、ちょっと無理があるのでは…?

 

はるちゃん、その演技だとちょっと厳しいかも…。

 

3頭の演技力は、採点するとすれば「もう少し頑張りましょう」をつけたくなるくらいのレベルでしたが、必死に切り抜けようとして頑張っている姿はちょっと笑えてしまいましたね。

 

われわれ人間も柴犬の姿を見習って、イヤなことがあっても懸命に演技をすれば見逃してもらえ…ないですよね〜。

 

とりあえず、演技指導は柴犬先輩「以外」から受けるようにしましょうか。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬たちの名演を目撃!得意技の「#バーン」を披露しちゃいます!

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事