2019年10月9日3,060 ビュー View

「すっぴんは堪忍して〜」カメラを向けられ恥ずかしそうな(仕草の)柴犬。激写されたその心に迫ってみた。

カメラのレンズを向けると構える犬は多いもの。もしかして犬も緊張してしまうのかも!? 例えそうではなかったとしても、柴犬たちが顔を隠して照れているように見えるケースは結構多くあります。今回はそんな柴犬たちの”気持ち”を勝手に推し量ってみました。どうぞ、奥ゆかしい(ような)その姿をご覧あれ。

恥ずかしい~…のポーズ?

レイは生後6か月のパピー。表情が豊かで、普段はちゃんとカメラに目線を返すフォトジェニックな柴犬。

そんなレイはこのとき、オーナーさんの足の間でお腹をこちょこちょくすぐられ中。

オーナーさんの手がブレて写るぐらいなので、相当素早く動いているようですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rei❤︎さん(@reistagram02)がシェアした投稿 -

 

くすぐったいせいなのか、レイも体をよじらせているよう。

だからいつものようなおすまし顔ができないためか、それともそんなシーンを撮影されることが恥ずかしいのか、「写さないでよ~」と顔をそむけているように見えます。

それでも、カメラ目線は欠かさないところがなんとも愛らしい!

 

いやっ、もうっ、撮らないでっ!

日曜の朝、室内には淡い光が差し込んでいます。散歩から帰ってきたばかりという柴犬くうは、その光のなかで一休み。

楽しい散歩のあとですから、きっととても和らいだ表情をしていたことでしょう…

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kousei Sasakiさん(@sasaki.kousei)がシェアした投稿 -

 

がしかし、そんな姿を収めようとオーナーさんがカメラを向けたとたん「撮らないで~」とばかりに前足で顔を隠してしまいました!

女の子ですし、油断した顔を撮られたくはなかったのでしょうか…!?

「もっとちゃんとしている時にして!」なん乙女心が聞こえてきそうです。

 

顔を隠して、恥ずかし寝

フサフサとした頭をカメラのほうに向け、両前足で、すっぽりと顔を隠すようにして眠っているのは柴犬のりんごです。何ともかわいいポーズですね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

shiba ringoさん(@shiba_ringo)がシェアした投稿 -

 

ひょっとしたら、光がまぶしくてお昼寝しづらいのかも?

しかし、やはり寝顔は撮られたくないのか、回避するために顔を隠している可能性も!?

どちらにしても、前足で器用に顔を覆っていること、その前足で押しのけられたほっぺのお肉など、たとえお顔が見えなくたって色々とチャーミングになっているようです。

 

ふとした瞬間に恥ずかしそうなポーズをする柴犬たち。

なんだか、その恥じらいは奥ゆかしさなんかも感じられ、より和犬らしいその様子がまた我々の心をわしづかみにするのでしょうね!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「ネムネム…」柴犬たちが前足で顔を覆うと…それだけでもう超絶カワイイ。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事