2019年11月3日9,182 ビュー View

「コレでしょ?(ドヤッ)」ちょうだいと聞くと、なぜか必ずスリッパを持ってくる得意げな柴犬が可愛い。【動画】

「○○ちょうだい」と聞くと、しっかりとそのものを持って来てくれるという柴犬は多いもの。しかし今回ご紹介するタロウさんの場合、「ちょうだい」というと、自分なりに考えてあるものを持ってきてくれます。それは毎回「スリッパ」。その様子がとても可愛らしいので、どうぞご覧ください!

お手、おかわり、ハイタッチ!

オーナーさんの「お手」「おかわり」に対し、お利口に応じるタロウさん。

 

最後の「ハイタッチ」も上手にできました。えらいえらい!

 

最初の「ちょうだい」への反応は…

褒めてもらうように何度か撫でてもらったあと、オーナーさんが「持ってきてちょうだい」と言っています。

その言葉を聞いてしばし考えるタロウさん。

 

「うーん、何かな?」とばかりに後ろを振り返って、オーナーさんがほしいものを探します。

 

そして考えついたものは…自分のごはんの器。

 

うん。それはタロウさんが欲しいものであって、オーナーさんが欲しいものではなさそうだね。

 

ということで、まずは近くにあった自分のごはんの器を持ってきましたが「違うらしい」ということはすぐに察したようです。

 

分かった! これですね!

そして、次の瞬間。

何かをひらめいたのか、サッと走って部屋の奥に向かいました。

 

そしてタロウさんが走りながらくわえてきたのは…スリッパです!

 

やっぱり今日もスリッパなのね。

 

そしてタロウさんは「スリッパ持ってきてくれたの。お利口さん」と褒めてもらえました。

 

「ほらね、スリッパが正解だったよ」なんて思っていることでしょう。

 

次の「ちょうだい」は?

しかし、オーナーさんは「もうひとつ持ってきてちょうだい」と言っています。

 

タロウさんはあたりをキョロキョロと見回して…

 

「ハグッ!」

 

「これだな!」とばかりに先ほどとは別のセットのスリッパを探し出しました。

 

「持ってきたよ!」でも…

しかし、持ってきて欲しいものはコレではなく、先ほどのもう片方であり、玄関にあるもの。

 

オーナーさんはもう一度、「もうひとつ持ってきて、玄関にあるもの」と言います。

 

そしてタロウさんはひらめきます。

 

「玄関と言ったから…あっちにあるやつだ!

 

すかさずタロウさんはダッシュで玄関の方に走っていき…

 

見事、オーナーさんが頼んだもう片方を持ってくることができました! 

その時のお顔をご覧ください。

 

「コレでしょ?」なんてしっかり聞こえてくるようですね。

 

きっとタロウさんは、初めて「ちょうだい」でスリッパを持ってきた時にすごく褒められたのでしょう。

 

だから得意になり、毎回「ちょうだい=スリッパ」となってしまったのかもしれませんね。

そんな健気な気持ちが見え隠れして、たまらなく可愛らしいです。

 

オーナーさんの言葉を、ちょっと下を向いてちゃんと聞いているようすも愛らしかったですね。

 

人間の言葉を聞いて瞬時に判断できるのは、柴犬の賢さならではです。

これからも「タロウ便」でオーナーさんにスリッパを届けてちょうだい!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「あ〜ん…」なにその特技!可愛くてニヤけるし、賢くて驚く!柴犬たちの”スゴかわ”な技を大披露♡

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事