2019年11月6日4,859 ビュー View

『イヤァァ〜〜!!』柴犬の“イヤイヤさん”は、どんどん進化しちゃっているのかもしれない…

人間だと2歳前後に訪れる「イヤイヤ期」。何をやってもイヤイヤと暴れる我が子に悩まされているパパさんママさんも多いことでしょう。そんなイヤイヤ期ですが、ご存知の通り頑固な柴犬にはわりと常にあります。しかもどんどん進化しているのか、様々な状況で、そしていろんなパターンで行われているようで

無視を決め込む冷静なイヤイヤ

パピーのイクラくんは、まだまだ反抗したいお年頃。その可愛らしい姿をオーナーさんが写真に収めようとすると

 

「プイ」。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MIKI(@asa_mi_1980)がシェアした投稿 -

 

オーナーさんが「イクラー!」「こっち見てー!」と気を引いても、そっぽを向いてツレない表情です。

 

スワイプして写真を進めてみてみても、今度は右を向いて「しつこいなぁ」。次を見ても、再び「プイ」。

 

やっぱりカメラ目線はNGのようですね…。

目線はもらえなくても、ちょっとだけツンツンしているイクラくんも可愛いものですけれどね。

 

とにかく不満なお年頃なもので。

口元の黒さがパピー感を出しているあられちゃん。そんなパピーであっても、不満なものは不満とはっきり言い切ります。

と言うことで、わかりやすく「歩きたくない!」という意志を全身でアピール中。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬あられ(@shibainuarare)がシェアした投稿 -

 

オーナーさんが予想するイヤイヤの理由としては、「雨が降っている」「ママがリードを引っ張る」「早くおしっこをしてと言われる」など。

結構理由が多くありますね…。

 

雨が降っていることはどうしようもないことだけど、あられちゃんにとっては関係なし。何もかも全部、イヤ! …なのです。

 

そんなあられちゃんですが、別の日にはさらに秀逸な表情を見せてくれています。

可愛いはずのあられちゃんが、まさかのいかつい顔に。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬あられ(@shibainuarare)がシェアした投稿 -

 

このお顔の理由は、オーナーさんがお皿にご飯を入れたからだそう。

そう、この頃のあられちゃんは「ご飯はママの手から食べる」のがマイルール。

 

でもさすがに忙しい朝にやっていられない…ということで試しにお皿で出したところ大クレーム! ガウガウ、ウーウーと大騒ぎだったそうです。

 

ちなみに、その後諦めて手であげてもすでにオコなあられちゃんはこの表情だったそう。

イヤイヤ期って、本当に子育てと変わらないなあ

 

成犬になってもイヤイヤ進化中

大人の柴犬でもイヤイヤをする子は多くいますが、むしろ「イヤイヤの様子…進化してない?」とも思える様子がコチラ。

 

道端で仰向けになり、頭を抱えながらイヤイヤしているずいかくくん。

一体、彼の身に何があったというのでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

黒柴 ずいかく(@kuroshibazuikaku)がシェアした投稿 -

 

どうやら、彼が散歩に行きたいと言うので家を出たところ「やっぱり来たくなかったー!」とのこと。な、なんて理不尽な…。

 

でもここまで激しくイヤイヤされたら、理由はさておき笑ってしまいそう。

だって、こんなにも頭が汚れてしまっていますからね。

 

そんな理由でイヤイヤ発動するの? と思ってしまうほど、難しいイヤイヤ期。

オーナーさんは大変だけれど、なにやら一生懸命に自己主張をしてくる柴犬が可愛く見えてしまうのもまた事実。

 

あまりのわがままはいけませんが、我が子の性格を理解するには良い機会なんて言えるのかもしれませんね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬タロウ。人間でいえばだいたい50歳。まぁいいオトナですが現役ゴリゴリのイヤイヤさんです。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事