2019年12月13日17,130 ビュー View

【悲報】良かれと思って…柴犬のために犬用靴下を用意した飼い主。履かせた瞬間、無事脱ぐ…【動画】

柴犬の麦ちゃんは、動画撮影当時1歳にも満たないパピーの女の子。この日はオーナーさんが、フローリングで過ごす麦ちゃんの体のために靴下を買ってきてくれました! さっそくトライしてみるものの、初めての靴下にうまく馴染めないようで…その後の様子を含めて、ちょっと覗いてみましょう。

初の靴下に戸惑う麦ちゃん

オーナーさんと麦ちゃんが暮らしているおうちは、基本的にフローリング。

麦ちゃんがフローリングの上ですべり危なかったそうで、オーナーさんが心配して靴下を買ってきてくれました。

 

女の子らしくてかわいいピンク!

これは麦ちゃん、とっても似合いそうです。

 

しかも、可愛い上に滑らなくなったらもう言うことなしですよね。

 

しかし、そんなオーナーさんの思惑は見事に、しかもすぐに覆されてしまいます。

 

「さあ〜、喜んで走ってください!」というオーナーさんのやさしさをよそに、テロップの通り靴下をとても気にする麦ちゃん。

 

生まれて数ヶ月、ずっと裸で暮らしてきた子ですから、突然の“張り付く布”には違和感があるのも無理はないか…。

 

ひたすら靴下と格闘

その後も、麦ちゃんはどうにかして靴下を脱ぎたくて必死です。

 

左前足の靴下は動画の冒頭から履いていなかったようですが、自分で脱いだのか、それともオーナーさんでさえ履かせてもらえなかったのか…。

 

どうにか脱ごうと必死です

そして靴下と格闘を続ける麦ちゃん。

 

とても普通では考えられないような、見たことないような変な動きを連発しています。

 

このあたりは、ぜひ動画でご確認を…。

 

女子らしからぬ姿を晒してしまっている場面も…。

 

「麦!」と言われても、それどころじゃない!

靴下と格闘している間に、どんどん最初にいた場所からずれていく麦ちゃん。

 

かわいいけれど、あまりの必死さに「そ、そんなにイヤか…」と聞きたくなってしまう…。

 

そんなこんなで、こちらの動画は麦ちゃんが格闘をしているシーンで終了します。

 

「オーナーさんはね。麦ちゃんのことを想ってのことなんだよ…」と、つい声をかけてしまいたくなる動画でした…。




 

犬のなかでも、特に柴犬は「裸族派」が多いのもの。

頑固さゆえ、自分が納得できないものはやはり受け入れられないものなのでしょう。

 

こちらのオーナーさんも対策されていた通り、フローリングは犬にとって負担になることが多いです。

 

我が子が麦ちゃんのように「靴下NG派」であれば、フローリングではなく絨毯や滑り止めマットを敷くなどの対策を考えてあげてくださいね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

どうしても新しいカッパを受け入れられない柴犬。岩のように固まりゴリゴリにお散歩ボイコット。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ