2020年1月15日32,013 ビュー View

大嫌いなシャンプーに連行され、わかりやすくしょぼくれてしまった柴犬が、たまらなく愛おしい。【動画】

犬が苦手なものといえば、大きな音や雷などが有名ですが、「シャンプー」も外せませんよね。人間からすると気持ちが良いだけですが、濡れることが苦手な子が多い犬たちにとっては、恐ろしくテンションが下がるものなのです。とある柴犬もまた、見ていられないほどに落ち込んでしまったようで…。

リラックス中の柴犬ミク

柴犬ミクは今、おうちでくつろぎモード。

床にゴロンと寝転んで、なぜかちょっぴり舌チロ。

 

オーナーさんが近づいていくと「何か用ですか〜?」とばかりに視線を向けます。

 

そう、これから起こることも知らずに…。

 

「シャンプー…」「え!?」

しばらくミクと雑談をしたオーナーさん。

しかし、本来の目的はもちろん雑談などではありません。

 

この日は、ミクの大嫌いなシャンプーをする日だったのです。

 

そして、いよいよオーナーさんから「シャンプー」という単語が出ると…

 

「え!?」

 

ご覧の通り、この世の終わりのようなお顔に…。

 

ああ、もはや先が思いやられる…。

 

シャンプー終了。完全にスネモード。

抵抗むなしく、結局シャンプーをされてしまったミク。

 

とはいえ今日でなくてもいつかは必ずその日がやってきますから、早かれ遅かれやることにはなるのですが…。

 

とにかくもう、ミクは絵に描いたようなショボン状態です。

 

オーナーさんのテロップによると、ミクは何回も「出して~!」と訴えたよう。

 

しかし全然出してくれなかった…とのこと…って、当たり前ですがね…。

 

しかしこのスネ具合は、素直すぎて可愛い…ごめん。

 

「カリカリ? 割に合わん!」

最後に、頑張ったご褒美としてカリカリをもらったミク。

 

しかし、このポーズをご覧ください。

 

まるで「割に合わん!」とばかりに、テンションダダ下がりです。

そしてしっぽも垂れ下がってしょぼん。

 

オーナーさん、シャンプーの時だけは、何か特別なおやつをあげたらミクも少し元気を出してくれるかもしれませんよ…。

 

しかし、露骨にテンションが下がっている姿は、かわいそうではあるものの、素直すぎて愛らしく思えるもの。

 

すねているところごめんねミク。でもとっても可愛かったよ!

 

これからも続くシャンプータイム。頑張っていこうね!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ごめん笑う!シャンプーが大嫌いなのにサロンに連れてこられた柴犬の動きがもはやコント【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • 柴犬,ココグルメ
    柴犬,ココグルメ