2020年1月18日23,637 ビュー View

飼い主に対して“きかん気”の強すぎる柴犬。一瞬で豹変する態度がとにかく素直すぎて憎めない…カワイイ。【動画】

愛柴と一緒に暮らしていて、自分はどんな順位付けをされているのかちょっぴり気になったことがありませんか? もちろん順位が全てというわけではありませんが、愛柴から強気な態度に出られると、何となく順位付けが頭をよぎるものです。さて、今回紹介する柴犬ここの場合は…なんだかツワモノ…いや、「強い」と言えそうな子のようですよ…。

おもちゃ…取るなよ…?

柴犬ここが遊んでいるのは音が鳴るニワトリのおもちゃ。きっとオーナーさんは一緒に遊んであげようと思ったのでしょう。

 

自らの手を近づけていくのですが…

 

「ムキッ…」

 

残念ながら、一人遊びで十分お楽しみ中だったよう。

 

取られないようにと、ニワトリを押さえ込みうなり声を上げました。

 

しかし、一瞬の隙におもちゃがオーナーさんの手に渡ります。

 

すると、鼻に寄せ集まったシワがピクピク…。

 

あからさまなオコ顔でおもちゃをガン見しました…。

 

そしてオーナーさんの手が離れたとたんに、またガブリ。

 

良かれと思って手を出したのに、なんだか仕打ちが強いですね…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

s.k 🇯🇵大阪(犬バカ猫バカ釣りバカ野郎)(@s.k.999)がシェアした投稿 -

 

…実は。

 

ここにはこの「良かれと思って…」が通じないのです。

ということで、頻繁に「オコなここ」が降臨してしまうというわけ。

 

ここからたっぷり、そんな状況をみてまいりましょう。

 

大事なビニール袋…!

この日のここは、大事そうに何かを抱えていますが、それはどうやらビニール袋のよう。

 

そして、この日もオーナーさんが手を伸ばすと…

 

「ガルル…」

 

もはや鬼の形相とも言えそうなほどに怒りあげて、ビニール袋を死守しています。

 

ビニール袋…そんなに大事だった…?

なんて聞きたくなりますが、これがここの通常運転。

 

もはや、オーナーさんも『ガウガウここ』と名付けて遊び半分のようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

s.k 🇯🇵大阪(犬バカ猫バカ釣りバカ野郎)(@s.k.999)がシェアした投稿 -

 

必ず“お尻”で挨拶。

オーナーさんがここを呼んでいます。ゆっくりと近づいていくここですが、なぜか途中で方向を変え、くるっとお尻のほうから接近を。

 

仕切り直して、再度オーナーさんがここの名前を呼んでいます。

 

「顔からおいで」という指示に、一瞬立ち止まってオーナーさんを見つめるここ。

 

少し何かを考えている様子ですが、ようやく頭から行くのかと思いきや…

 

やっぱりお尻…。

 

その後、何度繰り返してもここがオーナーさんに向けるのは必ずお尻のほうでした。

 

頑固な意思を感じるここの顔つきもあってか、オーナーさんも最後には笑い出してしまいました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

s.k 🇯🇵大阪(犬バカ猫バカ釣りバカ野郎)(@s.k.999)がシェアした投稿 -

 

頭は良いよ、でもアゴはナシ。

オーナーさんに頭をなでてもらっているここは、気持ち良さそうに、途中で目を閉じたりこの日の表情はとても穏やかです。

 

…というか、元々ここはとっても愛らしいお顔の持ち主。

これこそが、ここの普通のお顔なのです。

 

そんな穏やかなナデナデタイム。

 

オーナーさんの手は、頭からアゴの下に向かいます。

 

すると…その表情が一変。

いつものガルガル顔へと豹変してしまいました…。

 

スイッチの切り替え具合の素早さには驚かされつつ、頭とアゴをなでられる違いとはいったい…。

 

ここにしかわからない、こだわりがあるのでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

s.k 🇯🇵大阪(犬バカ猫バカ釣りバカ野郎)(@s.k.999)がシェアした投稿 -

 

猫のモモにはちょっぴり弱い…

このように、オーナーさんには超絶強気に接するここ。

しかし、同居している猫のモモに対してはまた少し態度が違っていたのです。

 

これは朝のひととき、くつろいでいるモモとここはじゃれ合いを始めます。

 

でも、ここの攻撃はどこかおそるおそるで消極的。

 

モモに睨まれると視線をそらしたり、離れてみたり、どうやらモモに対しては完全に劣勢です。

 

このあとモモがこの場所を離れるのですが、最後にモモが振り返ると、やっぱり逃げ腰になるここの姿が。

 

オーナーさんへ見せる態度と、違いすぎるぞ…。

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

s.k 🇯🇵大阪(犬バカ猫バカ釣りバカ野郎)(@s.k.999)がシェアした投稿 -

 

ここは特に柴犬らしい頑固さを持った子のようで、オーナーさんにはかなり強気で接していましたね。

 

しかし、怒っているここには申し訳ないけれど、そんなオコな瞬間でさえもどこか愛おしさが感じられました。

 

ただし、猫のモモに対してはなかなか上手く対応できないというところも、これまた愛すべきキャラ。

 

素直すぎて愛らしいここを、これからもチェックしていきましょうか!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬好きは”鼻のシワ”まで愛おしい〜オコ柴になったみなさんのソレを見せていただく〜

いいなと思ったらシェア

  • 柴犬,ココグルメ
    柴犬,ココグルメ

おすすめ記事

  • 柴犬,ココグルメ
    柴犬,ココグルメ