2020年2月25日13,243 ビュー View

(ジットリ…)ケージに入れられて拗ねる柴犬。三者三様のオコアピールがどれも可愛く思えて…本当にゴメン。【動画】

「そんなに怒らないで~…」とドッグオーナーが口にするタイミング。それはケージに入ってもらうタイミングでしょう。あからさまに拗ねた表情や態度を取る彼らに「怒らないで」と言いつつも、素直すぎて、つい可愛らしく思えてきてしまうのですよね。柴犬たちは必死だから、申し訳ないのですが…。

がっつり睨みつけて訴えるパターン

トップバッターは小太郎です。ドッグランを存分楽しんだようですが、帰宅後にはケージの中に入れられて、とっても不機嫌なよう。

ジロリとカメラを見つめて、かなり何か言いたげな様子です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

黒柴 小太郎(@kota412)がシェアした投稿 -

 

注目すべきはダラリと垂れ下がった前足でしょう。

まるで「呪ってやる~」とお化けの手のようにも見えますね。

 

しかし、ものすごくストレートに気持ちをぶつける小太郎が愛らしいですね。

 

脱力してしまうパターン

お次はびーちゃんです。オーナーさんに「少しだけ(ケージの中に)入っていてね」と言われましたが、どうやらその気持ちは通じていないようで…。

 

(ギロリ)

 

なんと言う怖い顔をしているの…。

 

これは、諦めて体は脱力しているものの、ケージの柵に顔を乗せているせいで食い込んでしまったせいしょう。

 

「あん? なんで入らなくちゃいけないんだよ?」と反抗しているようなこのお顔には、思わず「い、いま開けますね」と開けてしまいそう…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

びーちゃん。(@beanchan1021)がシェアした投稿 -

 

怒りをアピールするパターン

最後は、ケージから出してほしいときに怒りをアピールするというむぎ。

スワイプして見られる2枚目には、その答えがありました。

 

なんと柵の間に鼻をつっこんで、前足まで引っ掛けて「ここから出せ~」と威嚇。

表情を見る限り、相当オコに見えます…。

 

そこまでしてケージにいたくない理由は何だったのか…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

JEN.T(@jen_t1981)がシェアした投稿 -

 

今回は、ケージに入れられて拗ねてしまった柴犬をご紹介しました。

 

不満があるときは吠えたりケージを噛んだりするケースも見られますが、表情や態度で示してくれると、怒りを通り越して愛らしさを感じてしまいますね。

 

怒っているところ、本当に申し訳ないとは思うのですが…。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【オコなの?】「チッ、今日はのほほんしてられん!」な柴犬たちのムキ顔をご覧いただく。

いいなと思ったらシェア

  • 柴犬ライフ,毎日一緒

おすすめ記事

  • 柴犬ライフ,わんちゃんのおめめ