2020年5月15日11,890 ビュー View

(おいしょ…)クッキーが欲しい柴犬。彼らの天然な部分が炸裂して、結果泣き笑いなオチが待ってた!【動画】

柴犬が愛してやまないもの…まずオーナーは殿堂入りとして、散歩やおもちゃなど、色々ある中でも圧倒的な第1位。それはやはり「食べ物」です。今回は、机の上のクッキーを狙う柴犬の戦い、その一部始終をご紹介。結局、自業自得なんていえそうなオチが待っていたとか!?

おいしそうなクッキー!

こちらが主役の柴犬Fonzieくん。例に漏れず食いしん坊なわけですが、この日はまるで誘惑するかのように、とてもおいしそうなクッキーを発見!

すると…

(スッ)

 

前足が伸びましたね。

 

ええ、そりゃ目に入ったら食べたくなっちゃいますよね。

でもちょっと届かないよう。

 

しかし食べたい気持ちでいっぱいのようで…さてさてどうする?

 

少々味見を…

ちょっぴりでいい、味見がしたい。

 

そんなふうに願うFonzieくんですが、クッキーまでの距離はかなり絶妙。

 

届きそうで……届かないのです。

 

がんばって舌を伸ばしてみますが、柴犬の長い舌を持ってしても、なかなかうまくは行かないよう。

 

そうだよね、そんなにひょいひょい食べられたらすぐに肥満まっしぐら。

いつだって、現実は厳しいのです。

 

オーナーさんがちょっとくれた!

しかし、それでもめげないFonzieくん。

 

その様子を見かねたオーナーさんが、ちょっぴりクッキーをわけてくれました。

 

「わーい!」

 

このランランとした嬉しそうなお顔…。

もうよほど食べたかったんだね。

 

そしてここは動画でご確認いただきたいのですが、ひとかけらが0.1秒程度のあいだにFonzieくんのお口に吸い込まれていってしまいました…。

 

さすがですね…!

 

頑張りまくった結果…味見に成功!

しかしここで奇跡が起きました!

 

Fonzieくんのたゆまぬ努力の結果、クッキーをぺろりと舐めることに成功したのです!

 

(ペロ…)

 

やったね!

苦労して舐めたクッキーはきっととても美味しかったことでしょう。

 

…しかし、そんな幸せな時間はいつまでも続きませんでした…。

 

さらに遠くに…

少し味見したことによって、そのまま舌の勢いに押されたクッキー。

 

Fonzieくんから離れるように、今までよりも遠ざかってしまったのです…。

 

「……」。

 

これは…賢いのか、そうじゃないのか…。

 

やっぱり柴犬は、世界共通で「天然」みたいですね!

 

Fonzieくんのように、賢いはずの行動が裏目に出て、結果「?」になってしまうのも柴犬の特徴のひとつ。

 

でも、賢いフリしてちょっと抜けているところが、柴犬ラバーとしてはたまらないポイントでもあります。

 

しかし、ここまでめげずに真剣に取り組んだのだから、きっとこの後おすそわけをもらったことでしょう。

 

我が子の真剣な食い意地を見たオーナーさんが、放っておくわけはないでしょうからね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ぼくも食べたい…欲望をぐっと我慢する柴犬のお顔が、絵に描いたようなおねだり顔で、もうたまらん…【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬