2020年8月13日11,308 ビュー View

「お手!…あれお手…もしもーし」絶対聞こえているのに、全然聞こえません顔で完全スルーする柴犬。【動画あり】

今回ご紹介するのは「お手」に対して何やら思うことがあるらしい柴犬たち。もはや無かったことにしているような子や、わざと失敗しているような仕草の子…いろんなタイプがいるのです。前脚を触れらることが苦手な子は多いとはいえ、ちょっと寂しくなる…!

きこえない=何も無かったことに

まず最初はこちら、柴犬ジョンさん。どうやらお手が大嫌いなようで、シカトを決め込むタイプのよう。

 

と言うことで、お隣から身を乗り出してお手をお願いしているオーナーさんですが、そもそも誰も側に居ないことにしているかのごとく、完全に「聞こえない顔」で対応中。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

きなこ(@kinako.mmn)がシェアした投稿 -

 

こんなにも空気のように扱われたら、半べそレベル…。

 

しかし、オーナーさんには「どんなことがあっても絶対にやらない」と言われるほどなので、そこまで嫌いであれば…仕方がないでしょう…。

 

あえて外してないか…?

お次は、柴犬まっころさん。まずは動画をご覧ください。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

柴犬 まっころ(@shiba_inu_makkoro)がシェアした投稿 -

 

お手をするかのように前脚をあげてスイング…。

 

そしてもう片方もあげてはスイング…。

 

オーナーさんは「苦手」と分析していますが、実はこのように「惜しい…」と言う雰囲気のお手をする子は多いもの。

 

前脚を触れられることが苦手な子が多い柴犬。

 

きっと本気を出させたら出来るのでしょうが、「お手に見えるでしょ? これで勘弁して」なんて気持ちなのでしょう…。

 

お手ペロだって…!? はい許す。

最後はこちら、柴犬さぶちゃんです。オーナーさんいわくさぶちゃんもまたお手が嫌いな子。そのせいか、お手をしてもらっても、とても下手なのだそうです。

 

…とはいえ、その代わりなのでしょうか。

なんとお口から可愛らしく舌がチロっとでているのです…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

豆柴 さぶちゃん(@mameshiba.sab)がシェアした投稿 -

 

「お手はヤダ、だからこれで許して」と言うことでしょうか…。

であればもう大至急許しますけれども!

 

さてはさぶちゃん。

「可愛い」の見せ方を知っているな…!?

 

どの子もなんだか不器用な感じで、苦手なことが伝わってきましたよね。

 

しかし、もしお手をお願いして毎回嫌がるようであれば、しつこくするのは控えてあげましょう。

 

彼らの行動には必ず意味がありますから、その心を汲んであげてくださいね。

 

とはいえ、異常に嫌がるときには怪我なども考えられますから、その際はゆっくり、ソッと触れて確認してあげてくださいね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ご飯を前に気持ちを抑えきれず、振りかぶってお手の準備をしている柴犬さんが可愛い【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬