2020年10月3日33,541 ビュー View

(ショボン…)動物病院に連れて行かれた…帰宅後がっつり拗ねた柴犬赤ちゃん。申し訳ないけれど、可愛いしか出てこない【動画】

今回は、完全に母性に訴えかけられるような動画をご紹介。柴犬パピーはこの日、オーナーさんとお出かけ。そしてどこに行くかと思えば、なんと動物病院…。病院ではどうにかやり過ごすものの、お家に戻るなり「超」激しく拗ねてしまったのでした…。

なんでバッグに入るの?

ある日の朝、オーナーさんのベッドの上でゴキゲンに遊んでいた柴犬パピー。

すると突然、オーナーさんにキャリーバッグに入れられてしまいました。

 

「?」

 

理由がわからないから不安だったのでしょう。

 

最初は抵抗したものの、しばらくするとすっかり落ち着いたよう。

お出かけということを理解したのかもしれませんね。

 

そしてキャリーバッグごと、お出かけにGO!

 

まさかの動物病院…

しばしのドライブを楽しんだ後、ついた先は動物病院。

 

院内に入るなりソワソワ開始。そしていざ診察台に乗せられるとたちまち不安になったよう。

 

不安そうに診察台のにおいをかいだり、オーナーさんのほうをみたりしています。

 

そりゃそうですよね、病院に行くのだなんて知らないのですから…。

 

病院が得意な子は少ないもの。

身動きは取れないし、何をされるのかわからないし、不安になるのも当たり前です。

 

無事家に帰ってきたが…

しかし、良い子に診察を終えたパピー。そして我が家へと帰ってきました。

 

オーナーさんも「よくがんばったね」とばかりになでて褒めてあげます。

 

しかし、柴犬に様子がおかしいのです。

 

「……」。

 

オーナーさんのなでる手をわざと避けるように、どこかに行ってしまうのです。

 

どうやら、動物病院に連れていかれたことに相当腹を立てて、拗ねてしまったよう…。

 

これにはオーナーさんも苦笑い。

 

しかし、この姿は可愛すぎるでしょう…!

 

バナナでご機嫌を取ることに

拗ねてしまったパピーのご機嫌を取りたいオーナーさん。必殺技を繰り出すことにしました。

 

バナナをカットして柴犬の前に差し出してみたのです。

それをみて少し目が輝いた柴犬。

 

早くもちょっぴり舌が出ちゃったようですね。

 

しかしまだ拗ねている気持ちが強いのでしょう。

食べてはくれませんでした。

 

結局、フードを少し差し出すとそこでパクリ。

これでご機嫌とりは成功ですね。

 

しかし、ここまで拗ねている姿を見ると「ごめんね」という気持ちと「可愛すぎる」という気持ちのせめぎ合いになりそう…。

 

いや、やっぱり可愛いが勝ってしまうかな…。

 

予防接種や体調を崩したときなど、パピーのうちは病院に行くことが多いですよね。

 

そういった時にできるだけ病院を嫌いにならないでほしいという、オーナーさんの思いが伝わる動画でした。

 

これからも、徐々に慣れるよう頑張ってね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「帰る…」とばかりに病院のドアノブにタッチ。前足を伸ばす柴犬たちには様々な事情があった…【動画3本】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬