2020年10月13日61,191 ビュー View

寝床作りに失敗し、毛布がぐちゃぐちゃ。激しく落ち込み、最終的に投げやりになってしまった柴犬さんの哀愁がすごい【動画】

寝る前にベッドの上でクルクルとまわり、『マイベスト』の形に整えてから寝る犬は多いもの。そのこだわりを覗くと、人間では理解できないグッドポイントがあるようで実に複雑な行為なのです。今回ご紹介の柴犬もまるで職人かの如く頑張っていますが、どうやらこの日は失敗。そのため激しく落ち込み中なのです…。

頑張って整えていたじゃない…

今回の主役である、寝床職人柴はてつくん。動画は早速ベッドメイキング中の様子から始まります。

 

オーナーさんにもらった毛布の上でクルクルまわり、「どうかな?」と試すようにその場にストンッ。

 

しかし気に食わないようで、再びクルクル開始。

そしてまたストンッ。でもやっぱりお気に召しません。

 

その後も前脚を使ってみたり、場所を変えて整えてみたりするものの、一向に納得のいく状態にならず、不服そうなお顔のてつくん。

 

「違う…こうじゃない…」なんて聞こえてきそうなお顔ですよね。

 

しかし、鋭意整えているようですがすでに毛布はぐちゃぐちゃ。

しまいには、中敷きの布団すらどかしてしまいました。

 

すると、ここで驚きの光景が。

 

ここまで整えた毛布、そして中敷きすら使わず、何もない場所でドサっと横になったのです。

 

もはや「今日はもうどうでもいい」とばかりに、最後は投げ出してしまうのでした…。

 

『職人魂』は昔から…

かなりのこだわりを見せたてつくんですが、最後は失敗してふて寝のような姿になっていましたね。

 

しかし、この寝床職人は今に始まったことではなく昔から勤しんでいるのでした。

 

このときは、マイベッドに毛布を入れて寝るスタイルだったてつくん。

 

先ほどのようにクルクルまわっては座り、またまわっては…と繰り返し整え中。

しかし、どうしても納得いく状態にならないのです。

 

あからさまに落ち込み、背中からは強い哀愁が…。

 

「……」。

 

確かに、人間でも安眠するには寝心地ってかなり大事なポイント。

 

とはいえ、ここまで落ち込むって…本当に職人魂を感じるわ…!

 

寝床作りがうまくいかず、落ち込むてつくんをご紹介しました。

 

落ち着いたかな…と見せかけて再び立ち上がり頑張っている様子からは、かなり深いこだわりを感じましたよね。

 

でも、人間からみたらその違いが一切わからない…。

 

どんなところがポイントなのか、ちょっとインタビューしてみたくなってしまいました。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

快適な寝床を求め、お部屋の至る所でスヤスヤを試す柴犬の赤ちゃん。その一部始終の全部が可愛い。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬