2021年1月13日80,249 ビュー View

「せ、せんせー…♡」動物病院の先生が大好きな柴犬。嬉しさでヒコーキ耳、からの求愛。別の意味で震えてたよ…【動画】

今回ご紹介するのは、犬たちがまず苦手とする動物病院で起きたとある一コマ。主役柴犬も診察台の上でプルプルと震えているのですが、それはまさかの「先生が好きすぎる」という理由だったのです。今かいまかとソワソワする姿はまるで乙女そのもの…可愛すぎて何度も見たくなる!

ここは動物病院、だったはず…

今回の主役は柴犬マコ。この日はワクチン接種のため動物病院に来ていました。

 

すでに診察台の上にいるマコ。

かなり緊張しているのかソワソワが止みません。

 

座ってみたと思えばすかさず立ち上がり、居ても立っても居られない様子。

 

よほど緊張しているのだと思われます。

 

そう、注射……ではなく先生に会う瞬間を…。

 

「せ、せんせーーーー!♡」。

 

完全に拍子抜け。

 

何を隠そう、マコは獣医師の先生のことが好きすぎるのです。

 

だからこそ、ゆったり座って待つことなど不可能なのでした。

 

その姿からは完全に『♡』がダダ漏れ。

よほど好きなのでしょうね!

 

ちょっぴり独特かも。

まさか診察台の上で「嬉しくて」震える子がいるのだなんて、本当に珍しい光景でしたね。

 

しかしマコは、もともと『柴犬らしくない』性格の持ち主なのかも。

 

この日は、リラックスして床に転がっていたマコ。

しっかりとヘソ天でかなりのだらけ具合です。

 

しかも、おまたまでおっ広げ。

これこれ、女の子が…なんて思ったその瞬間。

 

マコは再び“らしくない”仕草を見せたのです。

 

(キュッ…)

 

なんと…全開に広がっていたおまたをキュッと閉じました。

 

まるで怒られることを察したかのように、絶妙なタイミングで…。

 

しかしマコは寝ています。

だから力が抜けていくのか再びご開帳…と思うとまたまたキュッ。

 

何だんだ、マコ。

君の正体は一体何なのだ…!

 

あまりに独特な性格といえそうなマコ。

 

しかし、あまり見られないようなその姿はとっても可愛らしいものでした。

 

これからも、マイペースで我が道を歩んでちょうだい!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(ショボン…)動物病院に連れて行かれた…帰宅後がっつり拗ねた柴犬赤ちゃん。申し訳ないけれど、可愛いしか出てこない【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ