2021年4月8日3,119 ビュー View

「…?」影に興味を持った柴犬パピー。触れたくて懸命にカシカシし続ける初々しさにやられた…【勘違いキュン動画】

今回は、柴犬が何やら勘違いしてしまったという憎めない可愛さが溢れた光景をご紹介。とある子は「影」を存在しているものと勘違いし、またとある子はなぜか「ブーツ」を敵のように思って警戒してしまったり、その内容は様々。どんな様子だったのか、早速ご覧ください!

“影”を見て、勘違いのホリホリ!

まず最初は柴犬パピーの鈴(りん)さんです。そんな鈴さんには普段から気になるものがあります。

 

それは、水入れが動かないよう敷いてある滑り止めのシリコーンマット。

 

そのマットが気になって仕方がない鈴さんは、一心不乱にカリカリ。

 

しかしさすがは滑り止め、一向にずれません。

だからこそずっと気になっちゃうのでしょうね。

 

そしてとある日のこと。

この日は滑り止めを敷かない状態でお水をあげたのですが…

 

(カリカリ…)

 

なんと言うことでしょう。

 

少し訝しむような雰囲気を出しつつも、またもやカリカリ開始。

滑り止めは敷いていないのに…。

 

しかしよく見ると、そこには『まるで滑り止めの形』のような、そっくりの形の影が。

 

それをマットだと勘違いしたのですね。

 

まさか影をカリカリし始めるのだなんて、あまりに初々しくてたまらなく愛おしく思えちゃう勘違い。

 

この姿にはオーナーさんもときめいてしまったでしょう!

 

なぜか“ブーツ”を敵視でてんやわんや!

毎朝、おもちゃを投げてもらい取ってくるのが、お次の主役柴犬プリの日課。

 

そんなお遊びの最中、オーナーさんには確かめてみたいことがある様子。

 

と言うのも、プリは『ブーツ』を敵だと勘違いしているらしいのです。

 

さっそくオーナーさんは、遊びの合間にスッとブーツを差し出しました。すると…

 

(ズサッ!!)

 

わかりやすく急ブレーキ。

 

そして、急いで逃げているつもりなのか左右に動いてみたり、飛びずさったりを繰り返します。

 

これはやはり、敵だと思っている説が濃厚のようですね。

 

ゲート越しに距離を取って観察し、お水を飲んで一息。

 

その後もブーツの周りをグルグルし、あらゆる角度からチェック。

 

「ブーツが何に見えているのか」とオーナーさんも不思議そうですが、やっぱり何か恐ろしい物体なのだと勘違いしているのでしょう。

 

その後も走り回って、ついにはオーナーさんの膝に避難。

 

避難してきたことは可愛いけれど、ますますブーツを敵だと見なしてしまったかも…。

 

どちらの子も、個性的な勘違いの姿を見せてくれましたが、影をカリカリする初々しさにはキュンときてしまいましたね。

 

ブーツなど『黒いカタマリ』のように見えるものは、もしかしたら怖がってしまう子は多くいるのかもしれません。

 

理由はわからないものの、苦手ならば仕方がない…と諦めて、オーナーさんは今後、ブーツの着用は諦めた方が良いかもしれませんね…。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「あかん、こわい」雷が怖い柴犬。恐怖心を追いやる為にとったこの後の行動に、飼い主もまた「あかん」な事態に…【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ