2021年5月30日8,168 ビュー View

留守番を告げられしょぼしょぼとケージに向かう柴犬。背中の哀愁が強すぎてこっちが泣きたいレベルだった【動画】

今回は、健気すぎて泣けちゃうような柴犬の動画をご紹介。主役柴犬はとにかく良い子ちゃんな性格の持ち主。そして家族のこともとても愛しているのです。だからこそピュアな仕草を見せてくれるのですが、その姿がもう泣けるレベルだったのです…。

お父さんが起きてこず「キューン…」

柴犬ゆきちゃんには日課があります。それは毎朝、階段の下でお父さんが起きてくるのを待つこと。

 

この日も階段の真下で2階を見上げるゆきちゃんの姿がありました。

身動き一つせず、お父さんの気配を探っているようです。

 

しかしいつもと違い、なかなか起きてこないお父さん。

徐々に不安になってたようで、ゆきちゃんは力なく「クーン…」。

 

そしてその後、伏せの姿勢に変えたのでした。

長期戦になると察して、じっと待つつもりのようですね。

 

と、ここでゆきちゃんが急にソワソワ…。

 

見てください、この凜とした姿や眼差しを…

 

いよいよお父さんが…と思った瞬間、ゆきちゃんの目に飛び込んだのはお母さん。

 

「なーんだ」とばかりに見送ります。

もう相当パパっ子なのでしょうね。

 

すると今度こそ待ちに待ったお父さんが起きてきました!

 

そこからはもうしっぽをブンブンに振って超お出迎えモードに。

 

毎朝こんな素敵な挨拶があるなんてお父さんは贅沢すぎますね!

 

ただ、お休みの日でも寝坊は出来ないかもしれませんが…。

 

お留守番を言われてしょぼしょぼに…

さて、この日ゆきちゃんはオーナーさんに何か言われています。

 

それはきっと、聞きたくはなかったであろう「お留守番」。

 

まるで「今何て言った…?」とばかりに、信じたくない気持ちからおめめがまん丸になったゆきちゃん。

 

もはや絶望の淵に立たされてしまったようです。

 

「……」。

 

この顔を見れば、何を言われたかちゃんと理解していることでしょう。

 

その後「あっち」とケージの方を指さされ、言われた通りに向かうゆきちゃん。

 

なんてお利口さんなの…と言いつつも、まるで鉛でもつけているかのように足取り重く、しっぽを見ても元気無くもうしょぼしょぼ。

 

お留守番のときはいつもこうして待っているようですが、背中から放たれる哀愁がちょっと強すぎるのです。

 

ここまでの姿を見せられたら、ゆきちゃんにとっての「お留守番タイム」と、オーナーさんにとっての「お留守番のお願い」は、同じほど悲しい気持ちになるものでしょうね…。

 

あまりに健気な姿は、見ている方の心が号泣してしまうようなものでしたよね。

 

しかし、ここまで愛されるオーナーさんは本当に幸せ者。

 

与えてもらった以上に、溢れすぎるほどたっぷりの愛情をお返ししてあげなくてはいけませんね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「行かんといて。」留守番を察知すると、飼い主の靴を噛んで阻止しようと必死になる柴犬。可愛い。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ