2021年7月4日8,720 ビュー View

「何か。」たとえ体がはみ出ても…ずっと使ってきた古いベッドで寝たがる柴犬のキリッと感に震えた、好き。【動画】

新しいベッドを柴犬にプレゼントしたところ、「いえ、これ(古いベッド)がいいので…」なんてツレナイ反応をされることがあります。たとえそのベッドがすでに小さくなっていて、とても眠れるようなサイズじゃなくても…あぁもうそういうトコ好き!

まだ寝れることを証明

新しいベッドがあるのに、小さい頃から使っているベッドの方がいいアンチョビくん。

 

古いベッドから布団だけを外してきて、なにをするのかと思いきや…

 

「ママ! 見ててよ!」

 

まさか…その小さな布団に寝るつもり…!?

 

どう見ても無謀な挑戦ですが、アンチョビくんはやり遂げました。

 

後ろ足のポジション、背中の丸め具合…全てにおいて細心の注意を払い、くるくる…ポスン。

 

「布団だけならまだ使える」つまり「捨てるな」ということを証明したのです。

 

はい、よくわかりました。

この情熱には、ママさんも折れるしかなかったようです。

 

はみ出しレベルがアウトでも

こちらは白柴のくまくん。今は、とっても気持ちよさそうに寝ています。

 

ええ、一応ベッドで…

 

(ドーン!)

 

控えめに言ってもかなり出ている。

上半身にいたっては、全部出ている。

 

もちろん寝方もありますよ。クロワッサンのように丸くなれば、もう少し収まりそうなもの。

 

でも本犬のこの幸せそうな寝顔。

この眠り方が一番ということなのでしょうね。

 

ということで、もうしばらくはこれでいける…はず!

 

直径30cmのマットをご愛用

最後は栗太郎くん。ちゃんとベッドがあるのに意外なものを気に入ってしまったのです。

 

それは直径30cmのマット。

 

(ちんまり…)。

 

あんよを丸め込んで…なんて器用に収まっているの。

可愛すぎるでしょ…。

 

しかも実はこれ、柴犬柄のマットなのです。

 

てことは柴犬柄の上に本物の柴犬ですって!? キュン要素強め…。

 

ちなみにですが、栗太郎くん用の正式なベッドには、絶対に入ってくれないのだとか。

 

もうこのまま見守ることにしましょ、そうしましょ。

 

どの子もみんな、寝床に対してかなり強いこだわりを感じましたよね。

 

“いつもの”に愛着を持つ彼らの姿が可愛くて、片付けることなんてできそうもありません。そして、どんどんどんどん、物が増えていくのです…。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【そっちじゃない】猫用ハウスにつっかえ中の柴犬に、そもそも家が間違ってる事を教えて差し上げたい。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ