2021年8月19日12,512 ビュー View

倒れたフリしてママを出迎えようとしたパパ…の上に乗って「おかえり!」した柴犬。すごく平和で最高。

素直な性格ゆえに理不尽なことをしがちな柴犬。例えばオーナーさんが仕掛けたドッキリを台無しにしてしまったり、やり場のないモヤモヤを関係のないきょうだい犬にぶつけてしまったり。もちろん悪気はないのですよ、悪気は。ただピュアなだけで。

“死んだふりドッキリ”をした結果。

まもなく帰宅するママさんにドッキリを仕掛けようと企んだパパさん。

 

廊下で横になり『家に帰ると夫が死んだふりをしていた』という状況を作ろうと画策しました。

 

したのですが…そこになんとも可愛い花を添えてしまった罪深きお方が…

 

「ママッ、おかえりっ!」。

 

乗っている…。

 

死んだフリを決め込んでいるパパさんの上で、ご丁寧にお座りまでしてしまったこのお方はまめたちゃん。

 

この絵はあまりにシュールすぎて、ビックリする前にまず笑ってしまうでしょう。

つまりドッキリは失敗ですね。

 

でもまめたちゃん的には、大好きなママさんが帰宅したのだから全力でお迎えしたまで。

 

「ちょうど良いところにパパが。乗っちゃえ」なんて、そんなノリなんでしょうね。

 

こんな家に帰りたい!

 

証拠品を前に逆ギレする犯犬

イタズラをしてしまったのはテンちゃん。

 

今は、その証拠品であるなにかの破片を見せられ叱られているところ…のはずなのですが。

 

「やったのはあたしよ! 何か文句ある!?」

 

とばかりに、めちゃくちゃ怒っているのでした…。

 

テンちゃん、それは逆ギレというのよ。

だってあなたは叱られるサイドなのだから…!

 

あまりにも逆ギレ具合が見事だから、模範例として後世に伝えちゃうよ!?

 

なんて、笑っちゃいけないのだろうけれど、理不尽すぎてニヤニヤが止まりません。

 

猫と遊べなかった気持ちのやり場を

散歩中に遭遇した猫に、興奮気味のさんごちゃん。

 

でももちろん突進させてはもらえずモヤモヤだけが残ることに。

 

その結果、さんごちゃんをなだめようと近づいた姉のいちごちゃんに…。

 

「あたしはね! 遊びたかったのぉー!!」

 

モーレツな勢いでやつあたりをしたのでした…。

 

1ミリも悪くないのに、むしろ猫への気持ちを訴えている最中いい子に待ってくれていたのに、そんな仕打ちにあうのだなんて…。

 

でもモヤモヤを素直にぶつけてしまうほど気を許していると言うことなのでしょうね。

 

とはいえ、お姉ちゃんに甘えるのもほどほどにね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

44315353(@969k)がシェアした投稿

 

清々しいほどの理不尽さでしたね。あらためてお伝えしておきますが、彼らに悪気はないのですよ…多分。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(ガチャガチャ…)足でちゃぶ台を揺らし夜食要求する柴犬。背中にチャックは無い?そろそろ無理あるぞ【動画あり】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ