2021年8月29日5,077 ビュー View

飼い主「ただいま!」柴犬3頭「……。」誰ひとりかまってくれない帰宅シーンが切なすぎる

クールな性格と言われる柴犬ですが、さすがに家族が帰ってきたら喜びを隠しきれないもの。ところがそうでもない場合もあるようです。他にも、気になるはずのおもちゃに無反応を決め込む子も。反応したら負けというゲームでもやっている…?

帰宅したのに誰も相手にしてくれない

3頭の柴犬が待つ家に帰宅したオーナーさん。

 

きっと大喜びした3柴に、もみくちゃにされてしまうことでしょうね。

 

そんなホッコリな未来を想像していたのですが、実際は…。

 

「…」「…」「…」。

 

飛びついてくるどころか、見向きもしないだと!?

 

まるで何事もなかったかのように、それぞれの時間を過ごす3柴。

 

せ、切なすぎる。

 

でもこれも柴犬らしい『おかえり』のパターンのひとつ。

 

きっと、その日のお留守番は平和だったということなのでしょうね。

 

動くおもちゃにクールな反応

オーナーさんの実家で見つかった、懐かしのおもちゃ。

 

クマがノリノリで演奏する、あれです。

 

試しにルカくんの隣に置いてみたのですが、気になる反応は…?

 

「…だからなに?」。

 

まさかの無反応。

 

ほら、「怖っ!」とか「ウケる!」とか色々な反応のパターンがあるじゃない。

 

それなのに無反応だなんて…。

 

結局、最後までクールだったルカくん。陽気なクマとの温度差にジワジワ不可避です。

 

散歩中、家族の姿を発見するも…

足早にトコトコと進む、フクさん。

 

その先にオーナーさんがいたのです。

 

フクさんを抱きしめようと、腕を広げて待っていたのですが。

 

(スッ…)。

 

華麗にスルー!

 

うん、もはや予想はしていたけれど。だって柴犬だもの。

 

オーナーさんも思わず笑ってしまっています。

 

それにフクさんがスルーしたのには、実は理由が。

 

アレが漏れそうだったのですよ(小声)。

 

つまり、トイレを我慢していなければ違う展開になっていた可能性が。

 

自信はありませんけれども…。

 

「多少のことでは反応しない」という柴犬の美学のようなものを感じましたね。でも知っていますよ。彼らがおやつやごはんなど、都合の良いものにはすぐに反応することを…!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

『さあ寝るか…』飼い主の扱いが雑な柴犬がおもむろにどっかり。なお、こちらは柴ケツ堪能し放題のもよう…♡【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ