2021年10月3日4,766 ビュー View

(ズッシリ…!)甘えモードの柴犬は『愛が』とかじゃなく物理的に重い。相手に体重乗せすぎ問題

家族に対する柴犬の愛情は深く、そして物理的に重いのです。なぜかというと、彼らは甘えるときに体の一部を相手に乗せがちだから。甘えられることは幸せですが、決して重くないわけではないのです。ええ、決して…!

ズッシリ感あるアゴ乗せ

味噌さんは、アゴをオーナーさんの手に乗せて甘え中。

 

ただ、思っていたものとちょっと違うのですよね…。

 

(ズシッ…!)

 

アゴ乗せって、ちょこん! て感じのものだったはずだけど。

 

これは完全に体重をかけすぎ。

 

すぐに腕がプルプルと震え出しちゃうわ。

 

でも味噌さんは、満足みたい。

 

振り返った顔がとても幸せそうなのです。

 

そんな顔をしてくれるなら、喜んで手を差し出すしかないですよね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MISO & HINA(@misoshiba1017)がシェアした投稿

 

乗せる場所のクセが強すぎる

こちらもアゴ乗せをしている、コウさん。

 

やはり、ちょっとクセが強めなのです。

 

「……」。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬女子コウ(@koh0903)がシェアした投稿

 

まさかの足。

 

いつもは手のひらにアゴ乗せをしているようですが、この時はなぜかオーナーさんの足にアゴ乗せ。

 

なぜそこだったの!? 乗せられるのなら、どこでも良かったの!?

 

でもこのうっとり顔です。あまりにも幸せそうなのですよね。

 

このまま寝ちゃう? …ってオーナーさんは動けなくなるやつだわ。

 

姉柴の顔の上にどっかり

最後は、姉柴のすずさんの近くにいたい、きなこさん。

 

おもちゃを運んできては、すずさんの隣に腰を下ろしました。

 

ただよく見ると、ちょっとだけ乗っているのですよね。

 

すずさんのお顔に、きなこさんのおなかが…!

 

割としっかりと体重がかかっているように見えます。

 

どうしてすずさんは動いたり、「やめて!」と言ったりしないのでしょうね。

 

心が広いのか、はたまた動くのが面倒なのか…。

 

本当のところはわかりませんが、とりあえずこの絡みは可愛すぎる!

 

信頼している家族だからこそ、体重をかけてくる柴犬たち。オーナーさんたちも「重いよ!」なんて言いつつ、実は喜んでいることを知っていますからね! ああ、うらやましい!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

抱っこに慣れない柴犬が、まるで『荷物風』に抱えられ運搬されゆく姿がたまらんことになってた。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ