2021年10月18日3,171 ビュー View

「あたしはやるぜ!」大物すぎる木の枝をどうしても運びたい柴犬。これは応援するしかない

どちらかというと、努力や根性といった言葉からは遠いところにいる柴犬たち。ところがひとたび彼らがやる気を出すと、ものすごく情熱的なのです。ただ、その情熱の矛先が我々には理解できないものなだけで…。

どうしても噛みたい

こちらの柴犬さんには、どうしても噛みたいものがあります。

 

それはおやつでもおもちゃでもなく、自分の後ろ足。

 

ただ、なかなか届かないのです。

 

「もうちょっと…!」。

 

なんというジタバタ感。

 

これにはオーナーさんも「魚みたい」と笑ってしまいました。

 

それでも努力のかいがあり、なんとか後ろ足を噛むことに成功したようです。

 

ちょっとだけですけれどね。

 

ところでひっくり返らずに、普通に丸まっている方が後ろ足は噛みやすいと思うのだけど…。

 

でもこの必死さが可愛いので、言わないでおきますか。

 

どうしても運びたい

散歩中に良い感じの木の枝を見つけると、運びたくなるのが犬の性。

 

こちらのみつはさんも、はりきって運んでいるのですが…。

 

(ズリッ…ズリッ…)

 

枝、大物すぎるでしょ! 思っていたのと絵面が違いすぎる!

 

せいぜい30cmくらいの長さの枝をくわえて、ルンルンと歩く姿を想像していたのだけど。

 

犬ぞりなの? 一頭引きレースなの?

 

そのくらいの迫力があります。

 

でもこのみなぎるやる気と得意げな顔が可愛くて…。

 

ついつい応援してあげたくなる!

 

どうしても見たい

最後は、ししまるくん。

 

散歩中になにやら気になるものを見つけました。

 

のぞきこむ後ろ姿をご覧ください。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yuki&shishimaru(@yukimaru0428)がシェアした投稿

 

必死か!

 

そこまでして一体なにを見ているの?

 

ちなみに別アングルから見てみても、可愛いことになっています。

 

この後ろ足の踏ん張りぶり! けしからん可愛さですよ、まったく。

 

それで…しつこいようだけど、なにを見ていたの? 気になる…!

 

柴犬たち、頑張っていましたね。やる気がないときはとことん無気力なのに、妙なときに本気を出してくるのですよ。そこもたまらないポイントなのですけれど!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬が食卓からガチの顔で盗んだ物が『国民的ご飯のお供』だった…チョイスがゲキ渋すぎて、なんでソレ感がすごい…

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ