2021年10月25日5,451 ビュー View

玄関チャイム音で飛び起きた柴犬の動きが速すぎて、お尻がまじでパンになってた【動画】

今回は、柴犬の個性的なクセを捉えたシーンをご紹介。彼らは、自分ではそう思っていないであろう“若干偏りのある”クセがあることがしばしば。人間から見るとちょっと笑えてきちゃうものですが、真面目にやっているほど愛おしく見えるものなのです。

マジでビーチフラッグ、しかも決勝レベル。

柴犬のるいはただ今爆睡中。まるいベッドから思い切り体がはみ出ていますが気にする様子はゼロ。

 

さぞ深い眠りに入っているのでしょう。

お腹をかすかに上下させ、とにかく気持ちが良さそうです。

 

しかし、ちょっぴり胡麻風味のるいの被毛は何だかこんがり焼けたパンのよう。

 

体もちょっとふっくら気味で、フサフサのしっぽもコロネから飛び出したチョコみたい。

 

…なんて、すっかりパンを見ているような気にさせられたその時…

 

(ズサッ!!)

 

ものすごい丸い物体…いやもはや球体に変化!

 

ぐっすり眠っていたるいは玄関の「ピンポーン」に反応し、すかさず番犬モードがオン。

 

とっさに反応したその動きが本当にビーチフラッグ状態で、反応の速さがあっぱれなのです。

 

そしてその速すぎる動きのために、お尻がこんなにもパン化していたのです。

 

これを見て、食べたいと思わない人などいないのでは…!?

 

ニュータイプのアゴのせ。

さて、お次はるいのアゴのせ動画だと聞いて拝見しているのですが…。

 

「これはいったい…」という感情が拭えない状況になっているのです。

 

もちろん、見えているパーツだけを見れば「柴犬」。

だからそこにいるのはるいだとわかっているのです。

 

それはわかるのですが、やっていることが「アゴのせ」だというのだから、急に解せない状況に陥るのです。

 

だってこの具合ですよ?

 

「……」。

 

これぞ「思ってたんとちゃう」というワードの出番でしょう。

だって、ほぼ乗っていませんからね…。

 

もしかしたら、乗せる位置が高すぎてこんなことになったのでしょうか。

 

それでも乗せたいるいもるいですが、さすがは柴犬ですね。

 

しかしよく見ると、目を動かしているのかその辺りがピクピク…。

 

うーん、やっぱり少し無理があるのでしょう。

ということで途中でやめてしまいました。

 

しかし「まずは試してみよう」と思ったるいの心が可愛く思えて仕方ありませんね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

丸い、丸すぎる。柴犬の後頭部が丸すぎる。それがどれだけ尊い事か教えて差し上げたい。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ