2022年2月8日4,417 ビュー View

「…なんだよ!?」機嫌最悪でヤバめのお顔になった柴犬。いつもの可愛い顔に戻るところまで見てほしい

柴犬というのは、喜怒哀楽がハッキリと顔に出やすい子たち。幸せな時も悲しい時も怒っている時も、いつだってバレバレなのです。そういうわかりやすすぎるところが、むしろ愛おしいのですよ…!

不機嫌にもほどがある

まずは、 雨でご機嫌ななめのこちらの柴犬。いえ…ご機嫌ななめなんて可愛らしい表現は不適切かもしれません。

 

こんなお顔になってしまったのですから。

 

(…なにか?)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

shiba_Kai.Laki(@kai.laki)がシェアした投稿

 

ひっ! 迫力ありすぎでしょ! お天気ひとつでこんなことになる!?

 

…いえ、柴犬のことだからありえますよね。それにしても、いつまでもこのお顔だったらどうしましょう。

 

でもご安心を。しばらくするとお顔は元通りに!

 

って、さっきと違いすぎるでしょ! でもなんだかホッとしましたね。

 

どう見ても現実逃避中

柴犬のこかげは、お耳が痒くなったので病院にやってきました。

 

車内で診察の順番待ちをしているうちに、全てを察したみたい。

 

(これは夢、これは夢…)

 

わかりやすく現実逃避中。なんという哀愁なの。

 

でもこれから診察だと思うと、こうもなりますよね。

 

ちなみに病院では、ギャン泣きだったそう。ああ、可哀想に…。

 

早く良くなりますように!

 

わかりやすく幸せそう

最後は柴犬パピーのはな。オヤツを食べているお顔が、あまりにも幸せそうなのです。

 

(美味し…ヤバ…)

 

人間でいうところの、感動しすぎて語彙力を失っている状態ですね。

 

うんうん、美味しいね。良かったね。ウットリと目を閉じちゃって、もう可愛いなぁ!

 

見ているこちらまで幸せな気持ちになりますね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「ど?面白いでしょ?」突如カエルのフタをくわえて登場した柴犬。やたらとドヤ顔で笑う【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ