2022年4月8日8,593 ビュー View

「やめてぇえ!」この世の終わりかってくらい注射で大騒ぎした柴犬パピーが愛おしすぎて笑っちゃうごめん。

春といえば、柴犬にとって嬉しくないイベントがあります。それは、狂犬病の予防接種。注射をされて悲鳴を上げてしまう子もいれば、虚無の顔になってしまう子も。余裕がない彼らには本当に悪いけれど、どうしても笑っちゃう!

悲鳴が聞こえてきそう

柴犬パピーのククは、狂犬病の予防接種にやってきました。診察台に乗せられて、いよいよ『ちっくん』の瞬間。

 

ククは、この世の終わりのような叫び声を上げたのです!

 

「ぃやめてぇえ〜!」。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

クク(@kiki_kuku_mofumofu)がシェアした投稿

 

…いえ、実際には叫び声は聞こえてきません。写真ですからね。

 

でもオーナーさんも「大騒ぎしてました」と報告していることから、100デシベルくらいは出ていたと予想。

 

スワイプして4枚めの写真を見てみると、無事に注射が終わり脱力しきったククの姿が。

 

うんうん、頑張ったね! え? 笑ってなんかないよ! …うそです。ごめんね。可愛すぎて笑ってしまったよ。

 

隠れたい気持ちもわかる

ママであり、おばあちゃんでもある柴犬のたまは、普段は堂々としている子です。

 

ところが病院の待合室では…。

 

(あたしを隠してっ!)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬たま Shibainu Tama(@tama7653)がシェアした投稿

 

オーナーさんの背中に隠れてしまいました!

 

さすがのたまも、注射は怖いみたい。そりゃそうだよね。人間だって、注射は怖いもの。

 

でも、いつもはしっかり者の愛柴にこんなふうに頼りにされたら、オーナーさんとしてはちょっと嬉しくなってしまいますよね。

 

パーフェクトな虚無

最後は、柴犬のおはぎ。注射を打たれる瞬間には「なにするの!」と怒ってしまうのか、それとも「怖い…」と震えてしまうのか。

 

気になるおはぎの反応は…。

 

「……」。

 

これは…完璧な虚無のお顔! おそらくあまりの出来事に、思考を停止させてしまったのでしょう。

 

ああ、可哀想に…。そしてなんて可愛いの…。大至急「頑張ったね!」と抱きしめてあげたくなりますね。

 

これから予防接種に挑む柴犬たちよ、幸運を祈っているよ!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(どうかご勘弁を…)注射を察して乗車拒否する柴犬の全力ぶりがすご過ぎて、申し訳ないけど笑った【動画あり】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ