2022年4月23日3,386 ビュー View

「もう好きにして。」無気力に足を拭かれる柴犬。考えることをやめた真顔がシュールすぎる【動画あり】

ニコニコ笑顔の柴犬も可愛いし、ムキッと怒り顔の柴犬も可愛いですよね。ただ今回注目したいのは、柴犬の『真顔』。なにを考えているのか、もしかしてなにも考えていないのか…我々には知る術もありませんが、とりあえずシュール。

足を拭かれる時は基本、無気力

お散歩から帰宅した柴犬のおはぎ。室内に入る前に足を拭くわけですが、おはぎはいつも無抵抗なのだとか。

 

ヒョイと足を持ち上げられても、されるがまま。これは助かりますね!

 

ただ、そのお顔を見てみると…。

 

無気力の極み…!

 

そのお顔からは、なんの感情も見つけることができません。もしかしたら、考えることをやめたのかも。

 

無抵抗と無気力、そして無感情は、おはぎにとってセットなのかな。

 

お世話に協力的なのは助かりますが、実はこんなお顔になっているなんて笑ってしまいますよね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

おはぎ ohagi(@ohagi___shiro___1120)がシェアした投稿

 

にじみでる『証明写真』っぽさ

桜の木の下で、写真を撮ってもらった柴犬の大福。構図も大福の姿勢もバッチリ!

 

ただ、少々キリッとしすぎたのかも。どうしても、証明写真っぽさが拭えないのです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大福(@shiba_daifuku)がシェアした投稿

 

こ、これは…! 履歴書にもパスポートにも使えそうな1枚。

 

なぜなのでしょうね。こんなにかっこよく撮れているのに。やはり、めちゃくちゃ真顔だから?

 

ちなみにオーナーさんによると「おやつなしの目線のときは、こんなかんじ」とのこと。なんてわかりやすい子なの…!

 

全然、怖くないけどね!

病院の診察台で真顔になっている、柴犬のゴン太。平気なお顔をしていますが、怖くないのでしょうか。

 

本当のところは、この目線でバレバレかも。

 

(見ないでおこ…。こ、怖くないけどね!)

 

見ないようにしている…! もしかして、注射の針が刺さるところは見たくないタイプ? わかるよ、気になるけど見れないよね。

 

それでも最後まで真顔で乗り切った、ゴン太。頑張ったね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゴン太 gonta(@gontagonta0114)がシェアした投稿

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「やめてぇえ!」この世の終わりかってくらい注射で大騒ぎした柴犬パピーが愛おしすぎて笑っちゃうごめん。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ