2022年7月11日4,006 ビュー View

「それだけは勘弁して…」ハーネスが嫌でどんどんお顔が下がる柴犬。その結果哀愁がすごいことに【動画】

今回ご紹介する柴犬は、ハーネスが大の苦手。オーナーさんが「散歩に行こう」とハーネスを見せようものなら、できるだけ装着しにくいようにお顔は下へ下へ…。その結果、こっちまで切なくなるレベルの哀愁を放ってしまうことに!?

ハーネスが嫌でどんどん下がる頭

ハーネスがお好きではない柴犬のプリ。ハーネスを見せられて、浮かないお顔でおすわりしています。

 

すでに切ない空気が漂っていますが…。プリのイヤイヤはまだまだ続きます。おや、頭がかなり下がってきました。

 

(ガックシ…)

 

哀愁がすごいね!? しかも静止画かと思うほど動かないところに、さらにジワジワ。

 

「それだけは勘弁して…」というお願いのスタイルに見えますが、もしかしたらオーナーさんが装着しにくいように頭を下げているのかも!?

 

その証拠に、オーナーさんの手におでこを押しつけ始めたプリ。「絶対につけさせてなるものか…」という気迫を感じますね。

 

ところが、いざ装着すると何事もなかったように歩き始めました。つける瞬間だけが苦手なのでしょうね。

 

わかるようでわからないこだわりっぷりが、なんとも柴犬らしいプリでした。




 

おててで鼻をガードして拒否

こちらも柴犬のプリ。この日もお散歩に行こうと思ったら、プリのイヤイヤが始まりました。

 

キッとしたおめめで、わかりやすく「ヤダってば!」と拒否しています。先ほどの動画では段々と下がっていった頭ですが、この日は早々に低めに。

 

しかもよく見ると、おててで鼻をガードしているのです!

 

これではハーネスがつけられない…! なんとも賢い行動ですね。そしてなによりも、必死さが可愛い。

 

でもオーナーさんもあきらめるわけにはいきません。なにしろプリはお散歩には行きたいはずなのですから。

 

そこでちょっと強引にハーネスをつけることに。負けじと抵抗するプリ。その結果ハーネスがお顔に絡んで、変顔になってしまったのです!

 

そんなお顔になるくらいなら、さっさと装着してしまえばよかったのに。結局はつけることになるのだから。

 

でもわかっていてもイヤイヤしてしまうのが、柴犬なのでしょうね。




 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

気になってるくせに近づけると「だからいらないって(怒)!」。初レモンにリアクションがコントな柴犬【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ