2022年9月21日2,770 ビュー View

「ねぇ遊んでよぉお(ドスッ)!」仕事中の飼い主へのおねだりがどんどん強引になる柴犬【動画】

今回の主役は、どうにかしてオーナーさんと遊びたい柴犬。でも残念ながらオーナーさんはリモートワーク中で、相手をしてあげられません。それでもなんとか気を引きたい柴犬は、だんだんと強硬な手段に出るのです…!

最初はじっとしていたけれど…

黒柴のHanaは大好きなオーナーさんと遊びたくてたまりません。でも残念ながらオーナーさんはお仕事中。

 

賢い柴犬のことなので、邪魔をしてはいけないことはわかっています。でも「終わったらすぐに遊んでもらおう」と思ったのでしょうね。

 

(ちょこん…)

 

すぐそばにやってきて静かに待機しているのです! なんて健気なのでしょう。

 

ところがすぐにHanaの様子に変化が。目線はキョロキョロ。マロ眉はピクピク。なんだか落ち着きがなくなってきましたね。

 

もしかして待ちきれなくなってきちゃった!?

 

しだいに荒ぶっていく柴犬

「あとで遊ぼうね」とオーナーさんにひとなでされても、Hanaの我慢はもう限界!

 

ついに立ちあがってしまいました。

 

オーナーさんにマズルでチョイチョイ、おててでもチョイチョイ!

 

「ねぇ、遊んでよぉお!」。

 

あらあら、主張が激しくなってきましたね。

 

いったんは静まりますが…。ついには「ワン!」と声を出してしまいました。しかも一語一語、ハッキリと伝えるように。

 

日本語に翻訳すると「ワン(そろそろ)!」「ワン(遊ぶ)!」「ワン(時間)!」「ワン(でしょ)!」という感じでしょうか。

 

ついにはイタズラを開始

こんなに言っているのに、遊んでくれない…。

 

いじけてしまったHanaがやることはひとつ。そう、イタズラです。

 

箱を噛んだり引っかいたりして、やりたい放題。

 

「こうしてやるこうしてやる! あっ…」。

 

でも「イタズラは良くない」ということも、しっかりわかっているのですよね。

 

やっと遊んでもらえました!

オーナーさんと目が合うと一時停止。お顔を伏せたままチラリと上目遣いで見上げます。

 

あまりにもバレバレな態度ですが、一応誤魔化そうとしているHana。オーナーさんが手を差し伸べると、おずおずとペロッ。

 

(わたしじゃないよ…?)

 

イタズラはダメですけれど犯行動機が「遊んでほしかったから」だと思うと、いじらしくてたまらなくなってしまいますよね。

 

その後ようやく念願のお遊びタイムをゲットしたHana。良い子で待ってたね…とは言えないかもしれませんが、よく待ってたね!




 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

3歳児にブランケットをかけてもらって一緒にお昼寝する柴犬。なんて平和な世界なんだ【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ