2023年2月27日57,178 ビュー View

飼い主の手になるべく触れないようにお手をする柴犬。これは涙目案件【動画】

柴犬というのは、我々の「追いかけたい心」に火をつけるのがとっても上手。触れられそうで触れられなかったり、触れられたかと思いきや「これだけ?」だったり。もっとベタベタしても…いいのだよ?

できるだけ触れないようにしている?

柴犬のマコはオヤツをもらえることになりました。目はもうオヤツに釘付けです。

 

さてその前に「タッチ」は上手にできるかな? オーナーさんが手を差し伸べると、マコはそっと前足をあげチョン…。

 

んん? 今、タッチしたかな? もう一度見てみましょう。今度は左手で…。

 

(スッ…)

 

またしても、したかしないか微妙なラインのタッチですね。触れていたとしても爪の先くらいだったかも。

 

まさか…いや、そんなわけが。でもやっぱり…。マコはもしかしてできるだけオーナーさんに触れないようにしている!?

 

本当にそうだとしたらちょっと切ないですよね。オーナーさんも涙目になってしまうかも。

 

でも犬にとって前足は敏感な場所。大好きな相手であっても、できるだけ触れてほしくないものなのかもしれませんね。

 

うんうん、そういうことにしておきましょう!

 

超笑顔でやってきたかと思いきや

オーナーさんは帰宅した瞬間がとっても楽しみ。玄関に入ると、さっそく来ましたよ。

 

奥から早足でやってきたのは、柴犬の三郎。

 

満面の笑顔を浮かべ、オーナーさんを迎えにきてくれました!

 

「お帰りー!」。

 

なんて可愛いのでしょう! そのままハグタイムに突入するべく、手を伸ばして待ち構えるオーナーさん。

 

ところが…あれれ? オーナーさんの直前で三郎はまさかのUターン! ハグをせずに戻っていってしまいました。

 

これにはオーナーさんも拍子抜けの状態。当の三郎はというと、奥の部屋で「ふぅ」と一休み。呼ぶとまた来てはくれたのですが…。

 

やっぱり直前で戻ってしまいます。どうして!? ハグしようよ!

 

でももしかしたら「早くこっちにきて遊ぼうよ」ということかもしれませんね。

 

そうだとしたらそれはそれで可愛すぎる!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ベッタリ添い寝でお兄ちゃんを独り占めする柴犬の「邪魔しないでよ?」感がすごい【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ